スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煮あなごを炊く 



旧国道にある近所のスーパー、「たまや」
質のいい鮮魚が近所で人気のお店だ。
小さいお店だが、毎日店主さんが仕入れてこられる
その日のおすすめの魚たちはどれをとってもハズレがなく、美味しい。

今日はアナゴがあった。
腹開きでアラをとった状態で、プリプリした身がいかにもおいしそう。
発泡スチロールに入った芝エビやハリイカもおいしそうで迷ったが
やっぱりアナゴが今日は一番な感じ。
美味しいものを食べさせたい人がいる。

家に帰ってすぐに塩水でアナゴを洗う。
熱湯を沸かしサッと湯通し、氷水にとって、
包丁の背で手早く丁寧にぬめりをとる。
もう一度洗って。煮汁で中火で炊く。

コトコトコト。たっぷりの酒にみりん、しょうゆ、砂糖、ちょっとの塩。
煮汁が半分くらいになったらできあがり。

引っ越していった大好きな友達が、仕事でこちらに久しぶりに来る
というので、アナゴを見たとき、食べてもらいたい!と思ったのだ。

店がきっかけで好きだなぁと思って、友達の職場でも偶然出会って、
ご縁があるなぁということと相性がいいので仲良くなった。
地元に戻ることになってこの町からいなくなるとき、涙が出た。
私はその友達が大好きで、いろんな話をしたし、聞いた。
久しぶりに会っても、やっぱりこの空気感は変わらない。
相変わらず、憧れる、素敵な、大好きな友達で、
いいところがひとつも変わらない。

2時間くらいいて、お茶をして、ラーメンと煮アナゴを食べて、
仕事に彼女は向かう。また今度、彼女の地元に私が行く約束をした。
その日は昔みたいに二人で飲もう。

今日は、他にも仲良くなれたお客さんや友達がよく来てくれる日で、
8本あった煮アナゴを2本ずつあげて、残りは2本になった。
私はまだ、食べていない。



スポンサーサイト

鶏手羽元の中華粥 



私は料理が好き。
仕事柄、というだけでなく、基本台所で何かしら加工しているのが大好き。

燻製にしようと下味をつけて仕込んでおいた鶏の手羽元が余ったので
中華粥を作ることにした。
朝、ふいに、まろやかなお粥が食べたくなったのだ。

すごく簡単なので、良かったらやってみてください。

☆鍋 うちではストウブのピコ・ココット・ラウンドの20センチを使いました。
    ふたが出来る鍋ならどんな鍋でも大丈夫です。
    圧力鍋や普通の鍋、いつもの使い慣れたお鍋でどうぞ。

IMGP1212_convert_20150508132915.jpg


☆材料

・鶏手羽元(手羽先や骨付きモモ肉など、骨がついている鶏肉がいい)3本
・ご飯 (炊いてあるもの。炊飯器に余ったご飯で十分です)
・にんにく 2かけら
・しょうがすりおろし 小さじ1 
・だし醤油 小さじ2分の1 
・塩 (岩塩などお好みの塩で。味付けの要です。)
・ごま油 (最後の仕上げ用)
・乾燥コリアンダー (本当は生のほうがおいしい。なくてもいいです。)
・青ネギ

①鍋に半分以下の量のごはん
(炊いてあるごはん。冷ご飯でかまいません)に
手羽元を生のまま乗せ、水を入れる。
潰したニンニクと、すりおろし生姜を入れる。

吹きこぼれないように、
水の量は鍋のふちから3センチ下くらいがいいと思います。

IMGP1216_convert_20150508132930.jpg

最初沸騰させるまでは中火。沸騰して蓋をして、弱火にして、
20分も炊くと、こんな感じです。

②鶏肉を取り出してほぐす。

IMGP1219_convert_20150508132946.jpg

外した鶏の骨は旨味たっぷりのだしが出るので、鍋に戻し入れてください。

③ふたをして、ごくごく弱火で20分くらい炊く。
鶏肉はちょっとグズグズになったほうが美味しいですね。

20分の間に途中で蓋を開けて水加減を確認する。
水が少なくなっていると思いますから、なんとなくモッタリしてるけど
水っぽい感じになるように、水を足す。
ここで味付けします。塩としょうゆを足してください。
塩は、薄いかな、というくらいに物足りないくらいがいいです。
後で足せます。

さらに炊きます。

骨を取り出して、ごま油大さじ1、刻んだ青ネギ、乾燥コリアンダーを投入。
このへんはお好みなので、ごま油以外、お好みの物(フライドオニオン、
ピーナッツを砕いたもの、揚げたワンタンの皮、
煎りゴマなど美味しいと思います。)でどうぞ。
何も入れなくてもシンプルでおいしいですよ。

IMGP1222_convert_20150508133002.jpg

できあがり♪


☆たくさんできたら、冷凍保存できます。

私はいつも、まかないを一度にたくさん作って、
業務用のパウチ袋で小分けにして冷凍して、
食べたくなった時や、味を忘れた頃に食べるようにしています。

IMGP1223_convert_20150508133017.jpg

ご家庭では、ジップロックやタッパでいいと思います。





たらこマヨの大根サラダ 

RIMG0389_convert_20100509212849.jpg

最近、野菜不足にならないように、小鉢を作るときは
野菜をメインに作ることが増えました。

今年の春は天候不順で野菜が不作なため、
野菜メニューに力を入れるとお客さんが喜んでくださるので
今回のキャンドルナイトの小鉢は
大根を使って作ることにしました。

たまねぎと大根をスライサーで山盛りに切って、塩でもみます。
生たらこをマヨネーズに混ぜて、湯通ししたコーンと塩昆布、唐辛子を
先にマヨネーズに混ぜてから、処理したたまねぎと大根を混ぜます。
ザックザックと混ぜて、後は時間が調理してくれます。
冷蔵庫に入れて30分も経つと、マヨと野菜がよくなじみます。

薄口の醤油と塩、ちょっとマーマレードのジャムを隠し味に入れました。

ちょっと自分的に気に入ったので、書き留めておきます。




すっぽん湯豆腐 

RIMG1894_convert_20091030234428.jpg

土鍋にタップリ昆布を敷いて、
すっぽんの身をふたつ放り込んで、
エノキと豆腐を入れて炊き、
ポン酢で食べる。

夜遅くなったときの、ひとりごはんです。

湯豆腐を食べると、やぶさんを思い出すんだよなぁ。
大好きだったんだ、湯豆腐。


ある日の夕食 

2009年03月31日_RIMG0615_convert_20090403233804

3月31日の、私の夕ご飯です。

右上のブリ大根は、ゆうちゃんの手料理のおすそ分けです。
甘さがちょうど良くて、優しい味でした。
その下の梅の形の器の中身は、よっしーお手製のいかなごの佃煮です。
山椒の佃煮のピリッと加減と、いかなごのフワフワ加減が素晴らしいです。
美味しかったです。よっしー、ゆうちゃん、ごちそうさまです!

味噌汁は、野菜を投入して、なるべく毎日作って飲むようにしています。
野菜タップリのひじきも割りとコンスタントに炊いてる定番です。
これからは、健康に気を使って、ゆっくりよく噛んで食べるようにしなくっちゃ。
がんばろ~~。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。