スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つばめが旅立つ 

3羽いたつばめの雛が、2羽飛び立ちました。

あと1羽です。

自分のペースでがんばれ~。勇気出して飛んでみな。

スポンサーサイト

つばめの巣のカバー 



おととし、初めてつばめが太尊に来てくれた。
巣を作って、ヒナが巣立って、すごく嬉しかった。

でも、去年はカラスにやられた。
一度巣が落とされて、でもメゲないでもう1回巣を作りなおして、
つばめの親は偉かった。
ヒナが孵ってしばらくしたら、カラスが親つばめがいない間に
巣を襲って、ヒナが落とされ、やっぱり全部食べられてしまったみたいだ。
私もすごく残念だったし、そのアッサリ加減にショックを受けた。

近所の人たちも、うちのつばめが育つのを楽しみにしていて
よく指を差しながらテントの中を覗き込んでいる。

今年は3年目。
去年のことがあって、もう来ないかもと思っていたから、
今年も来てくれて嬉しかった。

でもやっぱり狙ってるカラス。すごい悪者感。

でっかいカラスがバサバサと羽音を立てて巣を狙ってくるのを
つばめの親たちが必死で追い払う。

このままじゃ今年もやられちゃう、
でもどうやって防いだらいいかな?と思っていたら、
向かいのカレー屋のか里音さんが、
「ビニールの傘、ひっくり返してカバーにしたらええんちゃう?
よそでやってるの見かけたよ」と教えてくれた。

ありがとう!カレー食べに来てよかったよ!!と思って
すぐお金払って午後の間、苦心した。
つばめは入れて、カラスが入れないように、というのが難しい。
いろいろゴチャゴチャと動かしてる間に、なんとか蛍光灯の間に
挟みこむことができた。

そのあとカラスがやってきて、巣の近くまでバサバサと飛んで上がってみて
傘があるのに気がついて、首を捻りながら、
中に入れないで飛んでいった。

とりあえず、諦めたらしい。

ヤッター!

今年は元気に育ってね!!


つばめのヒナが落ちた! 

RIMG1271_convert_20110724204807.jpg

昼、店を開けようとして、シャッターの棒を横にして床に置こうとしたら
ちっちゃい灰色のモノがもぞもぞしていた。

ん?なんじゃこりゃ??と思ってよく見たら、つばめのヒナだった。

げー、これどうしたらいいのよっ!と軽くパニック。

でもそのままにもしておけないし、巣に戻してやることにしたのだが
巣はテントのてっぺんくらいにあって、脚立を使わないと届かない。
とりあえず、脚立を持ってきて、立てかけて上ってみた・・・が怖くて上までいけない。
こういうとき、やっぱ男手が欲しいと思う。



最悪、巣に戻せなかったら私が育てるしかないと思い、
ネットで調べてみたらミルワームというゴミムシダマシという虫の幼虫をあげるといい、
みたいに書いてあって、こんなもの、ピンセットでつまんで食べさせるのかと
思うと気が滅入った。飼い猫のペケにも言い聞かせないといけないし。
巣から落ちたヒナはもうだめだから捨てなさいって、言われたけど
小さくヒヨヒヨしているヒナを見ていたら、やっぱりできない。

ところが神の助けか、ちょうど仲のいいお客さんが来てくれたので、
頼んで脚立に上ってもらって、巣に無事戻すことができた。
(いでっち、ありがと~~!!!)

心の底からホッとした。

こんなことでもなければ、巣の中のヒナを見る機会もないし
せっかくなので写真を撮った。

もう落ちるなよ~~!強く育てよ~~~~~!!
あー。心臓に悪いわ。
でも、よかった。



               →太尊のホームページへ

                     →お取り寄せ始めました!

再建完了! 

つばめってすごい。
壊れた巣を作り直して今日が3日目の朝だが、
ちょっと小ぶりだけどもう巣が完成してる。

巣が落ちたのはあたしのせいじゃないのに、
つばめの親は、お前のせいだと思ってるらしく、
下で見ていると警戒して巣から離れない。濡れ衣だよ・・・。

凹んだまま諦めないで、作り直すところが好きだ。
そして、前の巣よりも丈夫そう。
経験を生かすっていうかさ、
泣いてるだけじゃ何も進まないもんね。

転んだら、せっかくだから何か拾って起きたらいいんだよな、と思ったり。

あたしもがんばろー。



もう一度やる気なのか? 

今日つばめの巣の場所を見たら、
わらと唾液で固めた泥がちょびっと付いていた。
もしかしたら、もう一度巣を作るつもりなのかもしれない。

諦めてないのね・・・やるだけやってみたらいいもんな。
今回はうまく出来ますように。がんばれよ、つばめ!

次は補強してあげるから。がんばれ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。