スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいメンマを試す 

メンマ

「関西ラーメン産業展」で出ていたブースのメーカーのメンマが気になったので
コンタクトを取って、持ってきてもらった。

初めて試しに炊いてみたのだが、
塩抜きの段階で、かなりいいなぁと思った。
全体にフワッとしていて肉厚で、箸でつまんでも弾力があって、好きな感じだ。
切り方がザッパなんだけど、厚みが不均衡なのが食べ飽きなくていいかも。
このメンマの性質に慣れたら、
かなり美味しく炊けるようになるんじゃないか、とワクワクする。
どうも柔らかすぎて、あんまりグズグズ炊いていると良くなさそうだ。
それでも、写真で伝わるでしょうか?
ピカピカとメンマの表面が滑らかで光っているのが。
写真よりも、もうちょっと光ってるんです。この光沢はいい感じです。

メンマのストックを頼んだばかりで大量に在庫があるから
使い切った後には、こっちに変えてみてもいいかもしれない。
今のメンマも気に入っているから、もう少し、様子を見ることにする。
現在使っているメンマは、ふっくらというよりシャキシャキした食感で、
味の染み込みは素晴らしくよい。

すっぽんのスープをベースに、ラーメンの醤油のタレや砂糖、
その他いろいろ調味料や香辛料を足して
最初は強火、それから弱火でコトコトと、じっくり炊いていく。

炊き上がったら一晩寝かせる。
ゆっくり冷めていく間に味が染み込むのと、
一回水分が抜けた竹の子に味が戻り、ふっくらするのだ。
メンマは出来立てよりも、染み込んでからが美味しい。
明日、お客さんにお出しして、反応を見るのが楽しみだ。
仲良い人が来てくれたら聞いてみよう。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。