スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年もよろしくお願いします。 

2008蟷エ12譛・1譌・_RIMG0182_convert_20081231165916

新年は6日から、通常営業いたします。

今年一年お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

皆様、よいお年を!!


スポンサーサイト

大掃除(12月31日) 

いつもよりのんびり起きて掃除をした。

掃除しながら気が向いて、レモン酒を漬けた。

2008蟷エ12譛・1譌・_RIMG0180_convert_20081231165846

3ヶ月もしたら飲めるはず。

店で自家製の梅酒を出しているのが割と好評なので
地味に新商品を出そうと思って。

大好きな寶の焼酎で漬けております。

来年のお楽しみ、ということで♪


仕事納め(12月30日) 

なんだか知らない間に年末になっていた、というのが本音だ。

気がついたら12月30日。

自分で決めた2008年最終の営業日になっていた。

昼一番で、パッと飛び込んでくれたのが、新聞屋さんをやっているTさんだ。
いつも気に入ってて買いに行く炭屋さんがあるそうで
私の分も買ってきてくれた。

2008蟷エ12譛・1譌・_RIMG0170_convert_20081231165618

備長炭じゃないから飲食用ではないが、
匂い消しには重宝するそうだ。
Tさんは、昔は新聞屋の経営者をしていて
とてもよく働くし、見識がある。
国際情勢、経済学にも明るく、気も利くし、
もともと持ってるモチベーションが高く、謙虚な人だ。
ずっと新聞に関わるとこうなるのか、と、知識の力、手ごたえを感じる。

今年もお世話になったねぇ、来年もよろしくねぇ、と
どっちかというとお世話になったのはこちらのほうだが
そんな挨拶をして、お帰りになった。
年齢は離れているが、友達だと思える人が居る。
Tさんは、あたしにとってそんな人だ。

妹の友達だったのだが、それをご縁に太尊に来てくださって
それから折に触れて来てくれるようになったのがHさん夫妻だ。
旦那さんのまめぞうさんと、お友達でご近所に実家があるあやちんと
3人で来てくれて、すっぽんらーめんを食べて、みんなで笑いあった。

何より感謝しなくてはいけないことは、
久しぶりに会った友達との楽しい時間を過ごすための場所に選んでくれたということ、
そのことそのものなのだ。
Hさん夫妻は、人と人のつながりの貴重さを
若いけど身にしみてわかっている人たちだ。
その人たちが、大事な友達を連れてきてくれるということの意味。
こういうことに鈍感になりたくはない。

ちょっと店が忙しくなって、
あまりいろいろおしゃべりする時間がなくて残念だった。
本当は、もっと、お茶をしながらいろいろお話したかった。
お土産に、と大好物の神戸のフーケのチョコレートをいただいた。

2008蟷エ12譛・0譌・_RIMG0166_convert_20081231164612

妹夫婦とお正月を過ごすので、
もともと妹のお友達だし、妹と、旦那さんと、私と3人で
美味しくいただこうと思う。

Hさんありがとうございました!

近所の自転車工房のゆうちゃんが、
お母様よっしー手作りのなますを届けてくれた。

2008蟷エ12譛・0譌・_RIMG0167_convert_20081231165430

クリスマスによっしーとゆうちゃんと二人で来てくれたのだが
そのとき話に出たのを覚えていてくれたのだ。
千切りがビックリするくらい細かい。
手芸の器用さと通じるものがあって感動した。

お正月、みんなで食べようと思う。

よっしー、ゆうちゃん、この一年、お世話になりました。ありがとう


おにいさんが来てくれた。
結局店が忙しくて鳥取の話も何もできなかったけど
なんとなく元気で楽しそうだから多分これでいいのだ。
また次に帰ってくるのはいつだろう。
でも、帰ってこないのは元気だってことだから、いいことなのだ。
あたしはあたしでがんばろう。
まぁ、出来ることしか出来ないんだけどね。


N夫妻が来てくれた。
淡路島にお正月休み出かけるのだが、そのことを話したのを覚えていてくれて
道中食べてくださいと、おかきをいただいた。

2008蟷エ12譛・1譌・_RIMG0171_convert_20081231165653

Nさんは昔から物凄く細やかに気が着くタイプで、
それにしても思いもかけないことで、この差し入れには本当に驚いたのだ。

Nさんは、不思議なご縁のある人で
「魔法のレストラン」放映のときに、運命的に太尊に来てしまい
てんてこまいの店を快く手伝ってくれた。
最初に来てくれたのは8年前。
再び来たのは今年。
ご縁がある人は必ずつながるものだ、と
Nさんとのことを思うとしっくり腑に落ちる。


昼も夜も、忙しくして一日終わった。

ラスト3人のお客さんは最高だった。
カップルさんと、古くからたまに来てくれてるテニスのコーチをやってる男性。
カップルさんは楽しそうに美味しそうに食べてくれたし
コーチは久しぶりに食べたらラーメンの味が
クリアになった、と褒めてくれた。

「ラーメンの味がクリアになった」というのは
ラーメン屋にとってすごい褒め言葉だと思っている。
嬉しかった。

いつも疲れきって帰ってくるので、
そのとき身体に入れるものに対しての評価は物凄く正直なものだ。
長く食べてくれている人に、変わったね、と良いほうの評価をいただくことは
物凄く満たされるものだ。

あー、来年もがんばろう。
来年はもっと、美味しいラーメンを作ろう、って素直に思った。


おおきに!とお客さんたちを送り出したあと、
年内最後の片づけをしていたら、
「もう終わり?」とお客さんが。

古馴染みのナカちゃんだ。
ラーメンはもう売り切れだったけど、
サービスで最後の餃子を焼いて持ち帰りの包みを作って渡した。
ビールで乾杯しようや、ということになって
ナカちゃんがビールを奢ってくれた。

基本的に、店でお酒をお客さんに奢ってもらうのは控えている。
次も奢らなくちゃならんかな、と気を回されるのが嫌だから。

でも、素直にありがとういただきます!と言えた。
そして二人で乾杯して、最高のエビスの生を飲み、
2008年最後の店を終わった。


今年一年、楽しかった。
本の新しいページをワクワクしながら繰るようだった。
2009年も、新しく、面白く、いいことがたくさんありますように!!

今年もありがとうございました。

2009年も、太尊をよろしくお願いします。

皆様、よいお年を!



賭け桃電とVIPらーめん 

今日のお昼、たまに太尊に食べに来てくださるカップルさんが来てくれた。

彼のほうが、「VIPってどんなんですかぁ?」と聞いてくれたので、

「すっぽんの身を3つ、土鍋で炊き込んで、
肝が4匹分と卵が20個くらい入ったスペシャルラーメンですよ~。
でも、超すっぽんらーめんでも十分すっぽん食べられますよ、限定ですし」
とお二人だから負担になってはいけないな、と思って
超すっぽんらーめんを薦めてみた。

そうしたら、「うーん、でもせっかくだしなぁ」
「えーやん、食べやぁ。VIP食べ。しゃーない。賭けに負けたんだから奢るわぁー」
という会話が聞こえてきた。

他にお客さんがいなかったのもあって、
「お客さん、賭けってなんですか?」と聞いてみた。
そうしたら、あまりにも思いもよらない答えで笑ってしまった。

話を聞くと、PS2の「桃太郎電鉄USA」の99年を二人で夏からしていて
ようやく決着がついたのだそうだ。
そして、この勝負に負けたほうがVIP奢る、という約束だったらしいのだ。
だから今日は賞品だから、VIPでないとダメなわけだ。

(桃太郎電鉄を知らない人のために少し解説します。)

桃太郎電鉄(略して桃電)は、
初代発売から20年経つロングセラーのテレビゲームで、
プレイヤーは社長と呼ばれ、日本全国をすごろくにして、
さいころを振って取得金額を競い、旅をしながら、
各駅の物件を買い漁り、会社を発展させていくというゲームである。
キングボンビーと呼ばれる最凶最悪の貧乏神をはじめ、
数々の妨害イベントが、ゲームを盛り上げてくれる。
プレイ期間は1~99年まで選べるが、
99年ともなるとかなり長時間プレイで大変。
単純なんだけど、やるとハマります。

結局VIPの大盛りを注文し、二人で仲良く分けながら食べていた。
彼が優しいのと、彼女が素直なのとで、
すごくいいバランスで楽しそうな二人だった。
今回は彼が勝ったけど、
どっちが勝ってもきっと仲良く食べてるんだろうな、と思った。

それからこの賭けゲームでの話をいろいろ聞かせてもらったが
ものすごく面白かった。
男と女が付き合うなら、くだらないことをどれだけ本気で
一緒にやれるかって大事だと思う。

久しぶりに、いいカップルだなぁ、と思わせてくれるお二人でした。



鳥取の山の芋 

鳥取に仕事に行っている、おにいさんが年末の帰省で帰ってきた。
もう、なかなかこちらに帰ってくることはないけれど、
やっぱり帰ってくるとすごく嬉しい。

1週間くらい前から、お父さんから聞いていたから、帰ってくることも、
日にちも知っていたので、驚きはないのだが、
「なんとか店つぶさないでやっとったみたいやな」と憎まれ口をたたかれても
お帰りワンワン♪と懐いてしまう。

帰り際、おみやげに、と鳥取で採れた山の芋をくれた。

RIMG0164_convert_20081229024909.jpg

そのとき、ゆうちゃんとゆうちゃん母のよっしーがいて、
食べ終わった後にスッと出して置いていったおにいさんのことを褒めてくれた。
”会計まで全部終わったあとに出すのが、思慮深くていい人だね”
みたいなことを言ってくれて、
おにいさんの優しいのがわかってもらえて嬉しかった。

山の芋は紙袋にふたつ入っていて、結構重たい。
帰ってくるのはバスか電車かわからないけど、
帰省の荷物もあるのに、重いし邪魔だと思うのに
わざわざ鳥取から持ってきてくれたのだ。
食べさせてやろう、と思ってくれたのだ、と思うと嬉しい。

おにいさんの優しさは、不器用だが、しみじみと胸に沁みることが多い。
昔からそうだ。

店が忙しくて、鳥取の話が聞けなかった。
こっちにいる間にもう一度くらい来てくれる時間があるそうなので
鳥取のお土産話を楽しみにしている。



落語スイッチ 

23日に、ひょんなことから落語へのスイッチが押されたところで
いつも来てくれる仲良しのHさんが、いか焼きを下げて来てくれた。

気持ち的にクリスマスは終わった気でいたので、
キャンドルつけてなかったんだけど、
Hさんがキャンドルを楽しみにしてくれていたみたいだったので
せっかくだからつけてすることにした。2夜連続で。
Hさんにも手伝ってもらって、今夜もやりました。

「ブログで、落語に興味あるって言ってたやろ?
友達にイベント屋してる人がいて、その人から誘われたんだけど
ゴスペルと落語を組み合わせたイベントがあるんやけど~~。」
と、声をかけてくれた。

日にち次第だけど、すごいタイムリーにこんなお話が飛び込んできて、
これもご縁だし、出かけてみたいと思っている。

今日でクリスマスも終わり。
明日から一転、年末にかけて空気まで日本風に変わるんだよね。
あー、それにしても、一年過ぎるのってなんて早いんだろう・・・。


イブの日 

昼一番のお客さんは、麺多浪さんのお友達の、とりさんだった。

高知時代のお友達で、麺多浪さんのブログを読んで、興味を持って
太尊に来てくださったんだそうだ。

麺多浪さんが、ご自身のブログで太尊のことを熱く語ってくださるので
麺多浪さんのファンのお客さんが、太尊によく来てくれるようになってきた。
ありがたいことだ。
とりさんが、すっぽんらーめんを気に入ってくださったようなので、
麺多浪さんの顔をつぶさなくてすんだ、とホッとした。

とりさん、お忙しい中、
武庫川の太尊までお越しくださり、ありがとうございました!
また、こちらにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね。
事前にご連絡いただいたら、麺多浪さんにも一声かけておきますので^^
みんなでいろいろお話しましょう。


ラーメン屋のクリスマスは地味なもんだ。
普通にラーメン作って、終わるのだ。
一人なんだなぁ、と実感するのもこの日だ。
どうせ今日は暇だろう、なんて思っていたのだ。
クリスマスソングだけ流して、普通の一日として過ごすはずだった。

夜開けてみても、案の定暇だった。
ところが、予想外に、女友達のYちゃんとしげが、お菓子持って来てくれた。
時間も7時半を回ったくらいで、それで、嬉しくなって、
「じゃぁ今日はもう、クリスマスナイトにしちゃおう!キャンドルつけちゃお」なんて
徹底的にこの日を楽しむことにした。
3人で手分けして、18個のキャンドルに火をつけ、明かりも消して、いいムード。

片付け魔のSが、乱れまくっていた本棚の漫画を揃えてくれた。

2008蟷エ12譛・5譌・_RIMG0150_convert_20081225234108

差し入れにお菓子をもらった。

2008蟷エ12譛・5譌・_RIMG0144_convert_20081225191836

めっちゃクリスマスだーー!わーい!!

ゆっくりお茶でもしよっか、と思ってお湯を沸かし始めたら、
自治会長の奥さんが来てくれた。
仕事の合間にホッと一息つきに来てくれたのだ。

そうしたら、友達のTさんが、フラッと仕事帰りに寄ってくれて、
みんな、「花より男子」の大ファンなので、
買ったばかりの映画版DVDをネタに、盛り上がった。
映画館で観たのにまだ買うか、って感じだけど、
松潤の道明寺がカッコよすぎるから仕方ない。
みんな道明寺のファンなのだ。

2008蟷エ12譛・5譌・_RIMG0152_convert_20081225234143

自治会長の奥さんも入れてワイワイしていた。
そうしたら、一度帰っていった奥さんが、もう一度自転車で戻ってきて
全員に手作りのビーズの携帯ストラップをくれたのだ。
それぞれに、あなたにはこれがいいんじゃない?と大まかに選んでくれて
その中から選ばせてくれた。

ねずみ年生まれのTさんには真珠を持ったねずみのストラップ。
Yちゃんにはマンボウ。Sには指輪。
あたしはスカートをはいたブタさんだ。

2008蟷エ12譛・5譌・_RIMG0141_convert_20081225191912

今日という日の記念品をもらった気持ちだ。

盛り上がっていた仲間内だけじゃなくて、
後から入ってきた近所のおばあちゃんや、
常連さんの優しい猫好きのご夫婦にまで、
その場にいたすべての人に手作りのストラップをプレゼントしてくれた。

本当にいい時間を過ごせたのだ。
こうやって店をやっていると、思いがけず、
「あぁ、今この瞬間が宝だ」と心から思える瞬間があるのだ。
そういう夜だった。

来年も、こんなふうに楽しいことがある日になるといいな♪



落語に行ってみたい 

今日は、久しぶりに嬉しい人が来てくれた。

某SNSで知りあい、
何度か太尊にも来てくださったことがある、デンピョウさんだ。
いつも、尼崎で仕事があるときに、ついでに寄ってくださるのだけど、
戸口に現れた瞬間、すぐにわかる。
なんていうのか、不思議な存在感のある人なのだ。
ちょっと昔の日本人ぽいっていうか、
カテゴリーに入れられないタイプと言おうか・・。

でも、あたしはデンピョウさんが大好きだ。
話していて、ちょっと返ってくる言葉が面白い。
これってどういうこと?と聞くと、
具体的な答えがわかりやすく返ってくる。
面白いことをたくさん知っているのも知っている。
だからいろいろ、聞いたり話してもらったりが楽しい。

ディープな神戸っ子のデンピョウさんは、
仕事柄もあって、神戸の街のことにも詳しい。
神戸はいろんなものが、ごっちゃり詰まっている
おもちゃ箱のような街だ。
デンピョウさんの雰囲気に、神戸ってよく似合う。

そんなデンピョウさんが、何かの話から「落語って面白いですよ」と
眼鏡の奥の目をクリクリさせながら言ったのだ。

私もちょっと、この近日中に落語に興味を持つ出来事があって
デンピョウさんの言葉が、ストン、と腹に落ちた。

落語、今なのかもしれない。

何かを始めるときって、必ずきっかけがあるものだ。
落語を聞く。寄席に行ってみる。CDを買って聞いてみる。
どんなやりかたでもいいから、ちょっとかじってみたい。

ということで、大阪天満の繁盛亭にでも、
年が開けたら行ってみようと思います。

デンピョウさん、今日はありがとうございました!
尼崎に来て、武庫川で一度降りて、太尊まで歩いて来てくださることは
近いからと言っても誰でもしてくださることではありません。
またお会いできる日を楽しみにしております^^



クリスマスプレゼント☆ 

ゆうちゃんのお母様からのクリスマスプレゼントです。

2008蟷エ12譛・3譌・_RIMG0132_convert_20081223235111

お手製のパッチワークのキーケースと小銭入れ。
小銭入れは前に同じものをいただいていて、
「同じものを妹さんに、と思って。お揃いでね」と、くださったのだ。
お正月に妹に会うとき、必ず渡そう。喜んでくれると思う。

キーケースも、帽子の女の子をアップリケで縫い付けた、
愛情のこもったお品です。
ちょうどキーケースが欲しかったので、驚いた。
カバーのあるキーホルダーといった感じで、
鍵の鉄の部分が鞄の中を傷めるのが嫌いなので嬉しい。

2008蟷エ12譛・3譌・_RIMG0137_convert_20081223235322

それから、水晶を使ったストラップ。
ストーンパワーで守ってもらえるかも。綺麗です^^

本当に突然、思いもかけずにいただいたので、ビックリしました。
でも、本当に本当に嬉しかったです。

ゆうちゃんのお母様(淑子さん)、ありがとうございました!!
真心をいただいた、と思っております。



12月21日のキャンドルナイト 

2008蟷エ12譛・1譌・_RIMG0115_convert_20081223234639

新しくキャンドルホルダーをそろえて、改良版キャンドルナイト☆
キャンドルの数をほぼ倍に増やし、かなり明るくなった。
高さのあるキャンドルも作ろうと、こんなのも揃えてみた。

2008蟷エ12譛・1譌・_RIMG0125_convert_20081223234958

籠の中に入っている、キャンドルホルダーの下のガラス台は
実は焼酎を入れるグラスです^^

テーブルには、キャンドルナイトの説明も・・。

2008蟷エ12譛・1譌・_RIMG0117_convert_20081223234728

こんな感じで、かなり張り切って臨んだのだが、
残念なことに夕方から急に雨が降り始め、暇な夜になってしまった。
でも、前よりはるかに良くなったと思っているので、自分的には満足。

近所に住む、昔から知ってる男の子が、バイト帰りに友達と寄ってくれて
その子たちの話をキャンドルの炎の中で聞いて、不思議な夜だった。
漫才コンビみたいに息がピッタリで、笑わせてくれた。
クリスマスまでに彼女作ったる!と、友達と賭けをした、とか、
高校生の男の子ってこんなに幼いのかー?と笑ってしまう。可愛い。

2008蟷エ12譛・1譌・_RIMG0120_convert_20081223234815

そのほかにもいろんなことがあった日だった。

昼は、常連のKさんが、お友達との忘年会ですっぽん鍋会だった。
中休みに妹達とお好み焼きを食べに行き、
妹夫婦が持ってきてくれたクリスマスケーキを、店で3人で食べた。
子供の頃食べたケーキのような、懐かしい味で美味しかった。

2008蟷エ12譛・1譌・_RIMG0111_convert_20081223234524

クリスマスケーキをみんなで食べるのって幸せだ。
分け合う感じがいいのだね、やっぱり。

日本中のキャンドルナイト、参加した人たちはどんな夜を過ごしたのでしょうか。

きっと、いい夜をすごし、
それぞれの人の思い出に残る夜だったと思っている。



21日・「100万人のキャンドルナイト」に参加します 

明日、21日の冬至の日、キャンドルナイトを行います。
可愛いキャンドルホルダーを買いました。
キャンドルの数もグッと増えて、いい感じになると思います。
「100万人のキャンドルナイト」というイベントでは
8時から10時の2時間ですが、
せっかくやるなら、ということで、太尊では7時から11時の4時間
キャンドルを灯火することにします。
ささやかではありますが、
日本中のキャンドルナイトを行う人たちの100万分の1として、
太尊も参加したいと思います。

いつもと違う店内で、太尊のすっぽんらーめんをどうぞ。
お待ちしています^^

みっちゃん 

今日の昼、8年来のお客さんNさんの部下のみっちゃんが、
こちらに仕事で来るついでに、太尊に寄ってくれた。

10日ほど前にNさんが部下のみなさんを連れて、
太尊で忘年会をしてくださったのだが、
そのときに来たうちの一人がみっちゃんだ。
大柄なのに、たまに子犬のような目をする、可愛い23歳の若者だ。

Nさんから、みっちゃんが子供のころからや野球をしてきて、
今は少年野球の指導者もしていると聞いていた。
だから、「少年野球のチームを見ていて、伸びる子ってどういう子?」と
興味本位で質問してみた。

みっちゃんは、ちょっと考えて、でもあまり間をおかず、
「自分のことだけじゃなくて周りの仲間のことも見える子ですね」と答えた。

子供は余裕がないから自分のことばっかりになりがちだけど
その中でも、一緒にやる仲間のことを、チーム全体を考えられる子がいるんだそうだ。

「それから、教えられたことを素直に聞ける子ですね」
「子供って、わかってなくても適当にハイハイ言って、
わかったふりとかするじゃないですか。
でも、言われたことの意味をよく考えて、素直に吸収する子は伸びます」

なるほどな、と思ったのだ。
このふたつ、野球だけじゃなくて、
人生においてもものすごく大切なことだ。

あたしはスポーツが苦手で、
昔から運動の世界から極力遠ざかって生きてきたのだが
スポーツをちゃんとやってきた子は、
こういうことを若いうちから学んでるんだなぁと感心したのだ。

みっちゃん、若いのにすごいなぁと思った。
話すととても、しっかりした、面白い子だ。
ちゃんと話すって大事だ。
人って本当に面白い。




クリスマスツリー 

RIMG0107_convert_20081220203016.jpg

12月は忙しくて、もう気がついたら20日。
うわー、早く出さなくちゃ!と慌ててクリスマスツリーを出しました。

私が一人で店をやるようになってから、
神戸の元町で可愛いので買ってきた、組み立て式のツリーです。
小さな人形を一個ずつ吊るしていくのは、毎年なんとなく心が浮き立ちます。

太尊は、12月22日(月)はお休み、
23日、24日、25日は通常通り営業しています。
みなさま、良かったら、太尊に遊びにいらしてくださいね!



サフランのロールケーキ・2 



いつも美味しいものを差し入れしてくださるHさんが
昨日の晩、サフランのロールケーキを持ってきてくださった。
このサフランのケーキ、前にもいただいたことがあって
その美味しさを知っているのでメチャクチャ喜んでしまった。

お友達のような気持ちでお付き合いさせてもらってるお客さんが
他にもたくさん来てくれた日で、バタバタと大忙しの夜だった。

ホウッと一息ついたころ、Hさんが、みんなで食べよう、と言ってくださったので
忘年会でいらしてくださったEさんたちご一行にも
お振る舞いして、みんなでサフランのロールケーキを食べた。

このケーキ、普通のロールケーキの倍はあるかというくらいのボリューム。
タバコを横に置いて、写真を撮ってみた。
大阪の桃谷にある「サフラン」というお店のケーキで
誰も知らないだろうと思っていたら
昔Eさんは桃谷に住んでいたことがあり、このお店にもよく行ったそうだ。
ロールケーキだけでなく、チーズケーキやカスタード入りのどら焼きなども
すごく人気があるらしい。
桃谷には他にも、いろんなジャンルで美味しいものがたくさんあると教えてくれた。

みんなでワイワイ食べていたら、すごく楽しかった。
そう、美味しいものはみんなで食べると、倍楽しいものだ。

Hさん、いつもありがとうございます^^
もうすでに、残ったケーキも全部食べちゃいました。
美味しかったです~~♪ありがとうございます!



猫にかつおぶし 

RIMG0089_convert_20081219193936.jpg

「ペケちゃんにおみやげですぅ~~」と言いながら、
麺多浪さんがくださいました。

珍しい、いわしの削り節です。
カツオほど強烈な風味はないけれど、あっさり優しい味わいの削り節で、
そのまま食べても美味しいです。
ほうれん草のおひたしを作って、この削り節をかけて食べました。
魚の旨みがしっかりあるのに、優しい味で、美味しかったです。

ペケちゃんに、とおっしゃってくれたので、
いつものご飯に混ぜて、ペケにあげてみました。

RIMG0104_convert_20081220204859.jpg

かなり美味しいみたいです。

一度あげたら味をしめて、かつおぶしをまぶさないと
恫喝めいた目つきで、ニャーと鳴きながら見上げてきます。
「猫にかつおぶし」って言うけど、本当ですね~~^^

麺多浪さん、ありがとうございました!



パッチワークのカードケース 

RIMG0087_convert_20081219193727.jpg

この間の定休日は、お友達の自転車屋のゆうちゃんと
出来たばかりの西宮ガーデンズに行ってきました。
そのときに、ゆうちゃんのお母さんから、といただきました。

ゆうちゃんのお母さんは、刺繍の先生をしているくらい、手芸が上手。
このカードケースは、こげ茶の生地の上にカットした生地をパッチワークして
中に綿を含ませて厚みを出し、カードを何枚も入れても
持ったときにゴツゴツしないように工夫されています。
何より、本当に、綺麗なんです!

普段外には持って出ないけど、絶対失くせない大切なカード(会員証とか)を
保管するのに使わせていただこうと思います。

「こんなに上手なら、自転車屋の前に並べたら売れるんじゃない?」
とゆうちゃんに言ってみたら、
「うーん。ひとつひとつが子供みたいで、気にいった人にあげたいんだって」
との返事。

小さなカードケースからは、丹念な愛情が伝わってきます。
ゆうちゃんもこうやって育てられた子なんだなぁ、と思うと、
納得するところが、ゆうちゃんと一緒にいると感じられます。

お店めぐりをして、大好物のエビフライを食べて
映画「ウォーリー」を観て帰ってきました。
いい休日でした。

ゆうちゃん、ゆうちゃんのお母さん、ありがとうございます!



どて丼スプーン新調 

RIMG0052_convert_20081219193127.jpg

どて丼用のスプーンは、今までラーメン用のレンゲを使っていました。

カメラ好きのYさんが来て、どて丼を食べたとき、
「このスプーン、食べにくいですね。」と言うのだ。
Yさんは事実を淡々と分析する、といった感じで、
正直な人だから、素直に「そうですか」、とこちらも聞ける。
今まで気にしたことがなかったけど、確かにそうかもしれない。

ちょうど妹と出かけた先でいいスプーンを見つけたので
二人でビビッときたのを選んで買ってきた。
太尊にピッタリの、木のスプーンです。



モンスター・ハンター 

子供のころからよく家族で来てくれてた
小学生のころから知っているKが、最近よく来る。
高校生の子といろいろしゃべってると、
知らないことをたくさん教えてもらえるから面白い。

「モンスターハンター」というゲームがあって
ちょっと前からすごい流行ってるんだそうだ。
最近DSを買ったばかりでゲームづいてることもあって、
身を乗り出して聞いていたら、今度持って来るわ、といって
すぐ持ってきてくれた。

PS2とPSPで出てるらしい。あたしが借りたのはPS2。
攻略本も一緒に貸してくれた。
これがものすごく分厚い。電話帳?ってくらいある。
ほとんどが装備の図鑑だ。

他にも「マジックアカデミー」というゲーセンで流行ってる
クイズゲームの話とかいろいろ教えてくれた。
特にオタッキーな訳でもなく、
Kは頭もいいし、世渡りもちゃんとこなせる、今時の若者だ。
Kが話すこと、その熱さ、興味の対象から、あたしなりに思った。

人間は、「自分は特別だ」と思いたい生き物であるが
今、その「特別」の基準は
「努力の末に身につく知識や経験」なんだな、ということだ。
昔はそれが、「モノ」だった、と思うのだ。
知識も経験も、金では買えないものだ。
金で買えるもので勝負したら、何億何兆持ってる人には
徒手空拳の若い子は、永遠に敵わない。

多分私の父親世代くらいは、
努力で上に上がれることが信じられた世の中だったと思う。
でも今は違う。
男の子なら、高度経済成長の日本に生きたいよな。
彼らの時代はそうではないから、
若いエネルギーがこういう方向に向かうのだ、きっと。
若い子の停滞しているエネルギーの発露が
こういう現象なんだとしたら、日本にはまだ底力があり、
日本の未来に希望が持てる。

明治維新は意外と近いのかもしれない。
何が起きても、店の未来の舵取りをしなくては。
船長として、舵を切ることを最後まで諦めないつもりでいる。



初めてのキャンドルナイト 

2008蟷エ12譛・3譌・_RIMG0042_convert_20081214022133

今日は、「甲子園けやき散歩道」のイベント
~キャンドルナイト~の初開催日だった。

開店前に、自転車工房のゆうちゃんの母上と妹さんが
どんな風にやってるかリサーチリサーチ、と言いながら来てくれた。
小松のお店、結構やってるお店多いらしい。

まず、客席の40ワットの蛍光灯6本を取り外し、消灯。
これじゃあんまりな暗さなので、(幽霊屋敷レベルだわ)
カウンター上のダウンライト5つと、奥の電球3つはつけることにした。
厨房は料理作らないといけないからつけておいて、と。

テーブルに2つずつ、カウンターに6つ。飾り棚に2つ。
うん、いい感じ。

2008蟷エ12譛・3譌・_RIMG0045_convert_20081214022058

お客さんはビックリしていた。
そりゃそうだよね。
キャンドルナイトの説明をして、ご協力をお願いして。
そんなに心配していたほど、嫌な顔をされなくてよかった。

テレビはムードぶち壊しだから、SKY.FMでBGM。
「NEW AGE」という不思議な感覚の音楽を流した。ちょっと異空間にしたくて。

5時ごろから準備して、6時前に開店して、最後9時ごろまでつけていた。
ちょうどろうそくの寿命が4時間なのだ。

初めてにしてはうまくいったけど、それでも改善点がたくさんある。
次回のために書いておこう。


◎改善点

・キャンドルを入れるビンを可愛くてオシャレなものにしたい。
会が用意してくれたものはちょっと大きすぎるのと、ガラス瓶すぎる。
どこかでちょっと探してこよう。

・キャンドルの数をもっと増やす。
入れ物を小さくして、店全体で20個くらいにしたらいいかも。

・ボックス席が薄暗すぎる。
ボックス席の上の照明を全部取り外すので、カウンターよりはるかに暗い。
ボックス席はキャンドルの数を増やすか、
高さのあるワイングラスにキャンドルを入れるなどして
全体に明るさを出す工夫をする。
キャンドル自体、長いキャンドルを用意する、というのもありかも。

・キャンドルナイトの説明書きと予告の必要性。
お客さんにしてみたら、あまりにも予想外な店内だと思われるので
当日、各テーブルに告知の説明書きを設置することと、
1週間くらい前から、キャンドルナイトの予告のポスターを準備して
店頭・店内に貼る。




キャンドルの炎とBGMの太尊は、いつもと違う雰囲気で
個人的には、これからも店として
定期的に続けるイベントに育てたいと思っています。
これ、以前からやってみたかったんですよ、実は。

今はまだ、正直、店側の自己満足レベルだと思う。
試行錯誤の末には、お客さんが喜んでもらえる時間、空間が
きっと提供できると信じられる。

CO2の削減、電気の使用の軽減、というエコの視点から
けやき会ではイベントが立てられた。

エコの促進はもちろんだけれども
何より、キャンドルの炎というものには、内省を促す力があって
炎を見つめていると、いろんなことを考える。

太尊に来てくださったお客さんにキャンドルナイトを楽しんでもらえれば
家でキャンドルを点してみようか、と思ってくださるかもしれない。
そうして、炎の力で癒されて欲しいと思う。


「100万人のキャンドルナイト」のHPで、いいなぁと思った文章があったので
引用しておきます。


たとえば、キャンドルのあかり一本だけともして、こどもたちに本を読んであげる。
たとえば、お風呂にアロマキャンドルつかれたカラダをやすめてみる。
たとえば、とっておきのワインを開ける父(母)といつもはできない話をしてみる。
たとえば、ひとり静かに灯りを見つめる、遠くにいる大切な人を想う。
たとえば、キャンドルの灯りでご飯をたべる。恋人と平和とか戦争とかの話してみる。
たとえば、ペットと晩酌する。ひとりじゃない幸せに乾杯する。

キャンドルを灯したその後の、「火の始末」もわすれずに。





キャンドルナイト~予告~ 

12月13日(土)午後5時~7時、
キャンドルナイトを開催します


旧国道の商店の新しい組合、「甲子園けやき散歩道」で
今週末イベントをすることになりました。

手探りで活動しているので、うまくいったりいかなかったりもしますが
個人活動というかひとりで自営業を営んでいると
こうやってみんなで何かやる、ということが、
ものすごく楽しく、新鮮でもあります。

今回の「キャンドルナイト」は、エコの一環で
電気を消して、ろうそくを付けて、2時間あまり。
電気節約の意思とメッセージを伝えるイベントです。

ご来店のときにキャンドルを点して営業していても、びっくりしないでくださいね^^
10個配られているキャンドルを、どのように配置しようか、楽しみです
ビンがそっけないので、何か飾ってみようかな??
どんなふうになるか、楽しみです。



「Smile すいーつ」 

RIMG0029_convert_20081209221502.jpg

RIMG0031_convert_20081209222028.jpg


故郷の中学時代の幼馴染・佐野妙の、初めての単行本が出ました!!
4コマ漫画の「まんがタイム」「まんがタイムファミリー」に
連載されていたものをまとめた本です。

こたつや教室の机の上で、みんなでイラストを描いていても、
中学時代から、一見して「この子は私らと違う!」と素直に思える
可愛くて生き生きしたイラストを描いていた妙。

プロの漫画家になった、と友人Rの結婚式で再会して、
聞いたときにはやっぱりな、と思ったものだ。
やっぱり、世に出る才能は、世に出るものだ。

自分の本が出る、というのはどんな気持ちなんだろう。
すごいことだと思うのだ。
出版社から正式に発行されるためには
本当にたくさんの人の手を経ていることだろう。
この本を出そう、との意思を出版社に持ってもらうことが
簡単だとは思わない。

妙もうれしいだろうな、あたしもうれしいし、
多分友達みんなうれしいよ。

本を贈ってくれたRが、サインをもらってくれていた。
相変わらずうまいなぁ・・プロだもんな、そりゃそうか。

RIMG0032_convert_20081209222409.jpg

佐野妙の、「Smile すいーつ①」
芳文社から好評発売中です!
みなさま、よかったら、というか、かなり強くお願いしちゃいますが
買ってください!!!
よろしくお願いします!

仲良し姉妹のほのぼの四コママンガです。
紅茶を淹れて、あったかい部屋で、ほっこり読むのにピッタリです





たこパ 

昨日の定休日は、店を使って
女友達4人でたこやきパーティーだった。

2008蟷エ12譛・8譌・_DSC01202_convert_20081209103817

テーブル2卓を縦につなぐと、こうやって長い作業台になり
ちょっとしたパーティーなら出来てしまうのだ。

家でやるのにタコだけじゃつまらないよね、と言って
いろんな具を入れてみた。

2008蟷エ12譛・8譌・_DSC01200_convert_20081209103750

次回のために、入れたものを書いておこう。

・シーチキン
・とろけるチーズ
・キムチ
・シメジのバター醤油炒め
・明太子
・コーン
・こんにゃく
・たこ

他、青ネギ、天かす、紅しょうがなど。

これらの具をいろんな組み合わせで食べてみた。
どれも美味しかった。
個人的には明太子とチーズコーン、チーズシーチキン、しめじが好きだ。

4人でおしゃべりしながら、3回くらい焼いたかな?
さすがに満腹になる。ひとり25個以上食べたらそりゃそうだわな・・・。

2008蟷エ12譛・8譌・_DSC01203_convert_20081209103845

できあがりはこんな感じで♪
ソースなしで、そのままパクパク食べられます。
美味しかった♪♪♪

またやろうね



忘年会 

8年前からのお付き合いのNさんが、
会社の部下を引き連れて、すっぽん鍋の忘年会をしてくれた。

仕事が順調で、大変だけど楽しそうな様子を
Nさんの今の表情から感じ取っていたので
どんな仲間たちに囲まれて仕事をしているのかな、と思っていた。
だから、予約を受けたとき、とても楽しみにしていたのだ。

Nさんを入れて6人。
若い子もいればNさんより年上の人もいるが、
すっぽん鍋を囲んで、いっぱいビールを飲んで、
冗談を交し合いながら、みんな自然体だ。
他のお客さんに迷惑にならない程度に盛り上がっている。
Nさんから、店に迷惑をかけるな、くらい言われてるのかもしれない。

やっぱり関西の会社だからか、会話が面白い。
愛知から関西に出て来て本当に感じるのは、
みんな頭がよく回るなぁ、ということだ。
面白いことを誰かが言って、それを受けて、切り返す言葉が面白い。
面白いことを言われて、あたしはただ笑ってウケてしまうだけなのだが
なんか返すのね。それが、みんな、うまい。

太尊では自家製の梅酒を漬けてるのだけど、
それをみんなが気に入ってくれて、
4リットルくらい売れてしまった。
ビールも1ケース。
他に焼酎も何杯か。
すごいな・・・。

すっぽん食べるの初めてな人も何人かいらっしゃったけど
みんな、美味しい美味しいとペロッと鍋を空にしてくれた。

Nさん、部下のみなさん、ありがとうございました!


今週は、鍋の予約が特に多く、連日鍋ばかり作っていた気がする。
無事に一週間が終えられたことに感謝!



年末年始休業のお知らせ 

太尊の年末年始休業日程です。

12月31日~1月5日とさせていただきます。

1月6日昼営業から通常通り営業いたします。

皆様、よろしくお願いします。



サフランのロールケーキ 

2008蟷エ12譛・3譌・_DSC01196_convert_20081203232513

Hさんがおみやげに持ってきてくださった、サフランのロールケーキです。

2008蟷エ12譛・3譌・_DSC01199_convert_20081203232442

幅が10センチくらいあって、食べ応えがあります。
ロールの渦の幅が細かいのは、薄く長いスポンジケーキを焼いて
クルクルと巻いていくからだな、と作り方を考えてしまいました。
外側の照りのある皮は、薄いクレープの表面に卵黄を塗ったものと思います。
この皮がなんともいえない感じでワクワクさせてくれます。

Hさんが、久しぶりに顔を見せてくれたので嬉しかったです。

検査大丈夫だったのかしら、なんて考えていたときだったので
実は心の中でビックリしてました。
お顔を見たらいつもどおりのHさんで、だからすぐに安心したんですけどね。

その時にいた、ちょくちょく来てくれるプチ常連のお兄さんに
お振る舞いをして、Hさんと私とお兄さんで
美味しくいただきました。

Hさん、いつもありがとうございます!



鍋ラッシュ 

冬の太尊は、すっぽん鍋の予約が増えて
ちょっと忙しくなります。

そこで、土鍋をもうひとつ、追加購入することにしました。

私が気に入って使っているのが
「マスタークック」というセラミック製の土鍋です。
すっぽんは高温でガッと加熱するほうが美味しいので
沸騰状態になってからすっぽんの身を入れ、
蓋をするとかなりの高温がとろ火で保てるこの土鍋が
今のところ最高だと思っています。

2008蟷エ11譛・8譌・_DSC01169_convert_20081203232058

使って一年になる土鍋です。
色が白しかないので、煮込んだ色がついてしまうのが難点ですが
それでもこの土鍋が、調理上いいんですよね・・・。

2008蟷エ11譛・8譌・_DSC01173_convert_20081203232031

使い込んだ土鍋には、すっぽんのエキスがたっぷり染みこんでることでしょう。
使うたびに愛着がわいてきます。



寸胴そのほか 

DSC01183_convert_20081203000202.jpg

DSC01184_convert_20081203001332.jpg

最近見かけないなぁどうしてるかな?と思っていた職人Mさんが
開店前にヒュッとやってきて、寸胴や麺上げのタボなど、
ラーメン屋の必須道具もろもろをくれました。

Mさんは、ガス屋が本職なんだけど、
水道、電気、解体、大工仕事、と大体何でもできるので
いろんなところから引っ張りだこのようです。
景気が悪い悪いと言っても、仕事ができる人のところには
ちゃんと仕事が来るんですね。
手に職って強いなぁとMさんを見ているとよく思います。

今日は廃業するラーメン屋さんに行ったので、
処分するならくれへん?と言って、もらってきてくれたらしいです。
長く商売されてきた方の引退、という感じだったそうで
いただいたチャーハンを焼くおたまは、鉄製なのに端が磨り減っていました。
ラーメン屋の勲章ですね。

今使っている道具があるから、当分出番はありませんが
大きな寸胴というのは、買おうと思うと結構高いし、
タボもいずれ買い替えに迫られるときがくるでしょう。
予備があるというのは安心です。大事に保管しておこうと思います。

いつか出番が来る日を待つ寸胴は、とりあえず、タッパ入れになる予定です。
ちょうどいい機会なので、鍋やボウルやタッパなど、
調理器具を整理する気になりました。すっきり片付けようっと



いな川でっち 

DSC01167_convert_20081202234535.jpg

DSC01192_convert_20081202234731.jpg

ゆうちゃんからのいただきものです。

でっち羊羹ってご存知ですか?
水気があって、やわらかい羊羹です。
甘さ抑え目なのでパクパク食べられてしまいます。

猪名川は西宮市の北、伊丹のほうを流れる川で
近所なんですが、こんな名物があるなんて知らなかったです。

とってもおいしかった!ゆうちゃん、ありがとう^^



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。