スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう 

土曜日、久しぶりの、とってもうれしいお客さんがあった。

やぶさんが生きていたとき、入院していた病院でお世話になった
看護士さんのご家族だった。
この小松の町に、引っ越して来られたそうだ。

「ずっと来たいと思っていたんですよ~」と変わらない笑顔を向けて
そう言ってくれた。

優しい微笑と、柔らかな女性らしさのある、素敵な人だ。
やぶさんがお世話になった病院の看護師さんはみんな、
患者に優しく、仕事には厳しい、素敵な人たちばかりだったが
中でも印象的で、よく覚えている。

5年の闘病の末やぶさんが亡くなってから、病棟に挨拶に行ったきり、
思い出すのが辛くて、あまり病院そのものに足を向けなくなったが
その後、4年の間に、この看護士さんとはよく街でお会いした。

たくさんの患者さんがいたと思うのに、
やぶさんのこと、私のことをよく覚えていてくれて
年が近いこともあって、現在のお互いの近況などを
気兼ねなく話せる感じがあった。
それで、事前にいろいろ聞いていたから驚かなかったが、
旦那さんとお子さんを見るのは初めてだった。
旦那さんは、人の話を聞くとき、とてもいい目をして
ジッとこちらを見てくれる、誠実そうな、優しさのある人だった。
上の子が女の子、下の子が男の子。
4人家族はとても幸せそうで、看護士さんが今
大変だけど幸せなんだろうな、ということが感じられる
食事の風景だった。

やぶさんは、キカン気が強いところもあるけど
根は繊細で優しく、明るくて、前向きだったし、面白いし、
意外と物分りが良く、思いやりもある人だったから
病院の看護士さんたちに、わりと可愛がってもらっていたと思う。

でも、病気になってからのやぶさんしか知らない
看護士さんに、やぶさんの生み出した味を食べてもらえたのがうれしかった。

多分やぶさんも喜んでくれていると思う。

また来ますね、と言ってくれた。
私も、心からそう望んでいる。

あのときは、本当に、お世話になりました。

看護士さんの幸せが、
永遠に続くといいと願います。

小松にようこそ。
これからもよろしくお願いします。



スポンサーサイト

11月22日はキャンドルナイトです 

11月のキャンドルナイトのお知らせです。

22日日曜日はキャンドルナイトです。

毎月第4日曜日をキャンドルナイトとしてイベントをして
1年以上経ちましたが、まだまだ続けるつもりです。
好きなんですよね、この雰囲気。

よかったらお越しくださいませ。
また何か、お振る舞いを用意してお待ちしています^^



ウクレレ指南 

なぜか太尊にはウクレレがあるのである。

なぜか、なんて言ってみたけど、まぁ自分で買ったんですよ。
友達のアコちゃんという、路上弾き語りなんかもしちゃってる女友達がいて
あんまり楽しそうなんで、その子の影響で買ってしまった。
いや、楽器屋のおにいちゃんがとても男前だったのもあります。
男前に薦められると、「うん」って言って買っちゃうんですね、やばいですね。

まぁそんな感じで衝動買いしまして。
しばらくうれしそうに触っていたんですが
案の定サクッと飽きて、3年ほど眠っておりました。
(ほんと、あたしに買われたものってかわいそう)

それが、ここのところ、お客さんで楽器弾けるって人がいると
へぇ見せて、って流れで、引っ張り出してくることもあり、
ちょろちょろ触ってるんです。

昨日、友達の伝票さん(ネットでの名前です)が
ちょっとした用で来てくれたのだが
伝票さんは、社会人バンドに所属していて、
一度ライブも観にいったんだけど、とても上手に楽器を弾かれるのだ。
それで、ウクレレの話になって、ウクレレを見せたら、ちょっと弾いてくれて
ついでにいろいろ教えてくれて、太尊ソングまで即興で作ってくれた。

やっぱり、百聞は一見にしかず、とか、
いろいろ日本古来のことわざを思い出しちゃったりするのだが
ほんと、楽器ってそうなのかも。

買ったまま放置していた(こういうグッズがまことに多い)
福山雅治のウクレレの楽譜を持ってきて、伝票さんに見せたら
サクッと桜坂を弾いてくれた。
すごーい!と感心していると
「楽器触る人なら誰でもこのくらいできますよ~」と言って
ちょっと弾いてみたら、とあたしにウクレレを渡してくれた。
それで、教えてもらいながらちょろちょろ触っていたら
結構ちゃんと音が出る。
それで気をよくして、今日、一日ウクレレ触っておりました。
今は、「それがすべてさ」を地味に練習しております。

学生時代と違って、採点されるわけじゃないもんね。
好きなように、好きなときに、弾いて楽しもうと思います。

楽器って、腕次第で可能性が広がるし、
趣味としていいなぁと思ったり。

楽しいから、楽しもう^^




秋晴れ 

今日は、まさに秋晴れという感じの気持ちのいい
秋独特の高い空と青さがある日だった。

店の前の橋にかかる坂道の端っこで
青空の下で爪を切り、スカッとしながら考えた。

何かを切るって気持ちがいいな。
髪の毛メッチャ伸ばしてから、この指定席でジャキッと切ってやったら
すっげぇ気持ちいいんじゃないかなって。
でも、切るのはいつも自前のモノで。

切るのが娯楽になるのは、大事なものがあるからで。
あたしは大事なものは大事にできる女でいたい。
私の両親の名誉にかけて。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。