スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今津の街で 



RIMG0237_convert_31imadu.jpg

RIMG0239_convert_31imadu3.jpg

仕事が終わった次の日、31日は、今津の街を散歩。

天気がよくて、小さな川のへりのコンクリートに座って一休みが気持ちよかった。

一年終わって、ホッとした。

鉄塔から抜ける青空を見上げて、ささやかに達成感を味わった。

2010年もがんばろう。

支えてください。よろしくお願いします。



スポンサーサイト

2009年最後のラーメン 



2009年最後の一杯です。
残った具を全部入れちゃいました。
記念すべき最後のお客さんは
常連さんの間では有名な、近所の酔っぱらいのおっちゃんでした。
酔ってないときは仕事できる人らしいですが、
8年越しで来てくれてるのに、シラフで来た事は昼の一回しかありません。
でも、可愛げがあって好きなお客さんなので
この人でよかった。K田さん、ありがとうございました!

今年一年、皆様、ありがとうございました。
2010年もよろしくお願いします。


12月30日④麺多浪さんからお歳暮(ペケ様へ) 



夜、麺多浪さんが、フラッと訪ねてきてくださった。

そして、いつもの「麺多浪スマイル」で
「どうも~~、くまりんさん、こんばんはぁ」とおっしゃった後
これ、お歳暮です、と、ちょっと心持ちはにかみながら、
そっとカウンターに包みを置いた。

見た瞬間、かなり激しく笑ってしまった。
猫好きな麺多浪さんは、うちの猫店長・ペケ(♂)に、
美味しいイワシ節をおみやげにくださるのだが、
年の瀬ということで、わざわざノシをつけて来られたのだ。

シワシワになっていないところを見ると。
かなり大事に持ってきてくださったか、
店に入る直前に巻いたか、
どちらにしてもその仕込みの入念さに脱帽だ。

麺多浪さん、ありがとうございました!

いつもお世話になっております。
そのうえ、うちの不肖の息子にまで・・・ありがとうございます。
これからも、可愛がってやってください、太尊ともども。
2010年も、よろしくお願いします。



12月30日③おにいさんから鳥取の梨福 

RIMG0224_convert_29nasimoti.jpg



鳥取で農業をはじめた、古い常連のおにいさんは、
たまに帰省で小松の町に帰ってくる。

今回は、昔の仕事仲間を引き連れて来てくれるようで
事前にメールで連絡があったので、色々おつまみ作ったりして
おにいさんの顔が立つように、細心の注意をしてお待ちしていた。

おにいさんは気持ちは優しい人なのだが口が悪くて、怖いのだ。

元気そうだったし、お友達も楽しんでくれて
顔もつぶさなくて済んだみたいだし、
ご機嫌な顔を見てホッとした。

おにいさんは、いつも、梨を使ったお菓子のお土産を
探してきてくれる。
もう10回以上なんやかやとお土産をいただいているのだが
本当に、鳥取ってところは「何が何でも梨!」なのか!!と思うくらい
ネタが尽きず、新しい梨のお菓子を今回もくださった。

多分、伊勢の赤福のパクリ??

と思って名前で笑ってしまったが、
梨の果肉が入っていて、はっきり梨の味がする、
やわらかくて美味しい餅菓子だった。
餡子が梨入りなんですね。

一人でも結構食べて、友達が来たのでみんなでも食べて
美味しくいただきました。

おにいさん、いつもありがとうございます^^
ごちそうさまでした。

またこっちに帰ってくるときは顔見せてくださいね!



12月30日②テーラからパルテールの焼き菓子 

RIMG0229_convert_30te-raokasi.jpg

H本さんと入れ違いくらいに、古い古い友達のテーラが来てくれた。

いつもどおり、二カッと白い歯を見せながら笑い、
やっと来られたわー、今年中にもう一度来れてよかったわー、
と言いながら、おみやげや~~、とケーキをくれた。

テーラとしゃべるときのあたしはホント、自分で、素、だなぁ、と思うのだ。
それは、なんか不思議なテーラだけの空気感っていうのか
テーラ自身が素だから、あたしも素が移るのか、
なんかこう、のんびりした気持ちになる。
磁石の同極同士っていうのかな、ムチャクチャ楽。

いろんなとりとめもないことを、二人でおしゃべりして、
3時前くらいまで楽しく過ごした。
次の予定があるテーラが、そろそろ今日は帰るわ、と言い
うん気をつけてね、ありがとう、と言いながら
天気のいい抜けるような青空の間を縫うように
テーラの自転車が坂を跳ねるように駆けていくのを見送った。

テーラ、ありがとね!

なんつーか、あのころ、テーラと知り合っててよかったよ。
友達は時を遡っては作れない。



12月30日①H本さんから木の実のタルト 




12月30日は忙しい日で、
年の瀬の慌しい中、大好きな人たちが、たくさん訪ねてきてくれた。

昼、一番に来てくれたのが、大常連のH本さんだ。
このへんで美味しいケーキ屋さんない?と聞かれて
あたしの大好きな一押しケーキ屋さん・
焼き菓子専門の「CANATA」さんを紹介したら、
しばらくして戻ってきて、あたしの分も買ってきてくださいました。
一番大好きな木の実のタルトです。
シンプルな見た目ですが、ココナッツと
胡桃やアーモンド他いろんな木の実がギッシリ詰まって
とっても美味しいんです!

大好物のケーキはもちろん嬉しいのですが、
なんといっても、H本さんの気持ちが一番うれしかったです。
次の予定もあるのに、わざわざ来た道を引き返して
私のために差し入れてくださったこと、そのこと自体が
とても得がたくてありがたいお気持ちだと思うんです。

H本さん、美味しくいただきました。
ありがとうございました!



内海のみかん 




母方の親戚のおじさんとおばさんから
たっくさんのみかんをいただきました。
箱にふたつ、私と妹の分です。

畑で取れたものだと思うので、大きさは不揃いだけど
甘くてとても美味しいです。
自分で食べたり、お客さんと一緒に食べたり、
ご近所に差し上げたり、そんな感じで美味しくいただいています。

おじさん、おばさん、いつもありがとうございます!


25日のキャンドルナイト 

今年のキャンドルナイトは、24,25日の二夜連続で開催してみましたが
25日のほうが盛況でした。
席が足りないほどにご来店いただいて、
やってよかったな、楽しかったな、と思える夜でした。

RIMG0219_convert_25okasi.jpg

近所のパン屋さん「西念」さんの奥さんから、シュトーレンという焼き菓子を、
みかぽんの友達、えびたろ~さんから手作りのクッキーを、
友達のTちゃん親子から、アンパンと雪だるまの和菓子を、
それぞれいただきました。

いっぱい差し入れをもらってクリスマス気分満喫です。ありがとう^^

RIMG0220_convert_25yukidaruma.jpg

この雪だるま、のお饅頭は、近所の彩花苑さんのものだそうですが
可愛すぎて食べるのがもったいなかった。
でも食べたけど・・・。味も、こしあんが入っていて美味しかったです。

RIMG0217_convert_25ke-ki.jpg

近所の宮崎出身のSさん親子、ハーレー乗りの常連Kくんのお兄さんとそのお友達、
そのほかいろいろたくさん、仲良しの人ばかりで楽しい夜でした。

大常連のHさんが、サフランのクリスマス限定ケーキを持って
来てくださいました。

Kくんのお兄さんたちと、Hさんと、これまた大常連の近所の
酔っぱらいKさんと私とでロウソクに火を点けて
ケーキを切ってみんなで食べました。

そんなこんなで、とっても賑やかで楽しく過ごせて
今年のクリスマスも想い出に残るいいクリスマスでした。

来年も、こんな風に過ごせるといいな。

クリスマスにキャンドルはよく似合います。


来てくださったみなさま、ありがとうございました。


24日のキャンドルナイト 

RIMG0202_convert_24kanban.jpg

24日のイブのスペシャルキャンドルナイトです。



お振る舞いには、手羽もとの照り焼きチキンを作りました。

今年のイブは静かな夜でした。

妹が来てくれて、一緒に親戚のおじさんたちに送る
ベーコンやハムを詰めたりしてるうちに、
はんかつさんがご来店。

はんかつさんは、いつもオプションのすっぽんの頭を2つ入れて
超すっぽんらーめんを召し上がるのが定石。
すっぽんの頭は部位的にコラーゲンのたっぷり含まれた
ゼラチン質が多いので、かなり濃いスープが楽しめるのでおススメです。

はんかつさんが撮った写真を分けてもらいました。

CA3B00010001_convert_24hankatusan.jpg

すっぽんの頭が2つ、土鍋の奥に鎮座しております。
スープのとろみが写真でも伝わってきますね~。

はんかつさん、いつもありがとうございます。

9時半からは、ご予約のKさんとそのお友達たちが訪れてくれました。
キャンドルナイトを楽しみに、予約を入れてくださったのがうれしかったです。

RIMG0200_convert_24peke.jpg

(Kさんのお友達に可愛がってもらってご満悦のペケです。)

Kさん、いつもありがとうございます。

あとは何人かのお客様で、まったり時間が過ぎていきました。


2009年クリスマスイブのキャンドルナイト、
素敵な夜をありがとう。




ハーレー・ダビッドソンの模型 



RIMG0206_convert_251.jpg

RIMG0209_convert_253.jpg


サンタさんからのプレゼントです。

本棚の上に置いてみたらサイズがピッタリでした。

太尊の入り口が引き締まりました。サンタさんありがとう♪



クリスマスカード(チョコ入り) 



RIMG0228_convert_24kurisumasutyoko.jpg


お友達のえんさんから、郵便でクリスマスカードが届きました。

チョコが入っている珍しいものです。

書かれているメッセージにも感謝!

力をもらいました。

えんさんの細やかな心遣いがうれしいです。

えんさん、いつもありがとうございます^^



クリスマス☆キャンドルナイト 

毎月恒例のキャンドルナイト。

今月は12月。せっかくなのでクリスマスをキャンドルナイトにしたいと思います。

24日、25日の2日間、太尊はキャンドルを点してお待ちしております。

(クリスマスをキャンドルナイトにするので、27日の日曜日は、通常の営業です。)

皆様のお越しをお待ちしています。



真夜中の焚き火 

「写真、そこの厨房で焼いちゃってくれんとですか?」
と、いきなりお客さんに言われたのである。

何言ってんだこの人、と思いながら、話を聞くと、
要するに、昔のしがらみを断ち切りたいんだそうだ。
そして、今から行って、取ってきますわ、と言いながら店を出て
しばらくして戻ってきて、本当に、写真の入ったファイルを持って帰ってきた。
見せてもらったら、これ焼いていいのか?って思うくらい
子供のころの写真もあって、ほんとにいいの?と聞いたら
「他人にはいい写真でも、当人にとってはそうじゃないってこと、あるじゃなかとですか」と
返事が返ってきて、なんかその言葉に妙に納得させられて
よくわからないところのある常連さんなのだけど、
なんとなく可愛げがあって好きなお客さんの一人なので、付き合うことにした。

でも、あたしの厨房で写真焼いたりしたくないし、
じゃあ店終わってから、武庫川の河川敷に行って焼こう、という話になった。

店の閉店時間まで待ってもらって、パタパタと仕舞い
武庫川の河川敷に行った。

夜の武庫川を歩くのは初めてだ。
ひとりで行くには怖いから、日がある間しか歩いたことがない。
天気が良くて、星が綺麗に見えて、
武庫川駅の明かりが川面に照り映えて、とても綺麗だった。

いろいろ、くだらなかったりくだらなくなかったりする話をしながら
河川敷を歩いて南のほうへ、行けるところまで行って
コンクリの上にぺちゃりと座って、この連日の寒気団の中、
焚き付けを器用に燃やしながらお客さんは焚き火を作った。
そして、写真の束をあたしに渡して、
「やっちゃってください」、と言ってぽい、と渡されたので、
燃やしちゃったら戻らないから、焚き火で終わってもいいんじゃない?と聞いたけど
あぁもう、いいんだな、って思って、えい、と小さな焚き火に投げた。

写真ってのは、火がつき始めたらメラメラとねじれるように
溶けるように焼けていく。

人の思い出なのに、なんか、燃やしたらすっきりした。

お客さんは、燃えていく写真をじっと見ていたが、
ありがとね、と言いながら、火の始末をして、
来た道を歩いて、行き道よりもすっきりした顔をして帰った。

不思議な夜の散歩だったが、店をやっていると
いろんな人が来て、こんな夜もあるのだな、と。

多分また来るだろうけど、次来てくれても普通の顔でいようと思う。





カイジ 

「カイジ」

隔週第1第3水曜日に、小松のコンビニ・セブンイレブンに買いに走るこの漫画。
ザラ紙で売ってる廉価版のコミックスを買い集めてます。

今、はまってるんですよ。
藤原竜也さん主演で映画にもなったし、ご存知の方も多いと思います。

どう面白いかって、口では説明できないんですが
生き死にのかかった博打漫画なんですね。
その、負けたらのペナルティがハンパじゃないんですよ。
高層鉄骨渡りとか、焼き土下座(これ、すごいっすよ)とか、
指4本固定器具で切断とか、よく考え付くよ・・。

あたしがひきつけられたのは、この漫画から伝わってくる、純粋さ。
あぁ、そのとおりだなぁ、と思わせられることがたくさん。

そして、ほんと、次がどうなるか
ページをめくるのがハラハラする。こんな漫画久しぶり。

福本伸行さんの絵はクセがあるけど、作品にはまるとこのクセがたまらない。

もうね、まだ読んでない人、だまされたと思って読んでみて!

太尊の本棚にも積んであるので、あーこれかぁ、と思って
読んでみてくださいね~!!



竹の子白菜 



昨日の閉店間際、兵庫の福知山に転勤になって引っ越していった
仲良しの常連さんのいでっちが、「竹の子白菜」という、
ちょっと珍しい白菜を持ってきてくれた。

巻きが強くて、がっちりしてて、ヒュウッと背が高い。
名前のとおり、竹の子のようです。
食べてみると、普通のものより、縦の葉脈が多く、繊維質がしっかりした
シャキシャキした口当たりに思った。

福知山では、新鮮な野菜がとっても安く、山の道端で売っているそうだ。
こちらに戻るたびに買ってきてくれるので
お金を払ってお願いすることにした。
それでも、ひとつ余分な仕事が増えるのに、嫌な顔せず
美味しい野菜を太尊に運んでくれて、いでっちには大感謝だ。

いでっち、また、こっちきたら顔見せてね!
いつもありがとう^^


書くべきものを書いてみた 



ちょっとバイトしてもらった近所の大学生Rくんが、
「あきちゃん、超すっぽんらーめん、壁に書いてないよ。書きなよ~」と
言ったのだ。それを聞いて、あぁそうだなぁ書かなくちゃと思っていたのだが
ぐずぐずしていてなかなか腰をあげなかったのを
今日思い立って紙を買ってきて、やっと重い腰をあげて書いてみた。

同じ紙が売っていなかったので、ちょっと紙の幅が違うのが気になるが
まぁよしとしよう。

ついでに、今までもリクエストがあったらやっていた
ちょっとした裏メニューの「超すっぽんぞうすい」も書いてみた。
超すっぽんらーめんと同じく、1800円で肝と卵入りです。
2つすっぽんの身を炊き込むので、
普通のすっぽんぞうすいよりもスープが濃くてとろみがあります。

もう少ししたら引越ししてしまう、
近所に住む常連のRちゃんがちょうど来ていて
まっすぐなってる?あーもうちょいそっち!なんて言い合いながら
貼るのを手伝ってくれた。Rちゃん、ありがと~~^^

RIMG0002_convert_20091213203140.jpg

ボックス席側の壁にも大きく書いてみた。
おススメメニューなので、紙を大きくしてみました。

それから、実は1年以上前から名刺やブログには書いているのに
壁に書いていなかった「すっぽん鍋デラックスバージョン 4800円」も
やっと書くことができた。(すっぽん鍋の横の細い斜めの短冊です)

RIMG0001_convert_20091213203059.jpg

全体のレイアウトはこんな感じ。
なんかすごい満足♪



ホッと!HANSHIN 12月号~駅前探訪~ 



阪神電車の駅で配っているフリーペーパー「ホッと!HANSHIN」の12月号・
「駅前探訪・武庫川編」で、太尊が紹介されました。

RIMG0005_convert_20091213203329.jpg

RIMG0006_convert_20091213203358.jpg

とっても素敵な記事に仕上げていただいて
この新聞を持ってご来店してくださる方がたくさんいらっしゃいます。
昨日は明石からお越しくださいました。
ありがとうございました^^

駅で見かけたら、是非お手にとってみてくださいね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。