スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月28日・キャンドルナイトのお知らせ 

太尊毎月恒例のイベント・キャンドルナイトのお知らせです。

今月は3月28日(日)、6時からです。

お振る舞いのおかずを用意してお待ちしています。

みなさまのお越しをお待ちしています♪



スポンサーサイト

宝塚大劇場 

RIMG0352_convert_20100414191344.jpg

大好きなんだ。

宝塚大劇場。

何回通ったかもう忘れてしまった。

宝塚大橋を渡り、武庫川を挟んで対岸から臨んだ
夜の宝塚大劇場。

ライトアップされて綺麗でした。


ペンタックスのK-x 

RIMG0350_convert_20100414191300.jpg

お客さんの若い男の子が、買ったばかりだというカメラが素敵だったので・・。

ペンタックスの「K-x」。

ボディの色が、ノーマル仕様で、黒・白・赤と3色あり、
別注だが100色くらいのカラーでボディの色を選べるそうだ。
価格は5万前後くらいで、一眼レフの入門機として最近人気あるらしい。

この、白、という色がとにかくスカッとしててカッコイイ。

見た目だけで惚れてしまったよ。

ちょっとシャッター切らせてもらったのだが、
一眼って、それだけでいい写真撮れるような気になっちゃう。

いいね、やっぱり。欲しくなったよ。



自転車復活! 

今日は天気も良かったので、お友達の自転車工房さんに
自転車の空気を入れてもらいに行った。

買ったときは浮かれて乗り回していたコラテックのマウンテンバイク。
最近はとんとご無沙汰だった。

外に出してあげたら、まだ新品の光があって、
傷ガンガン行くくらいでいいんだよな、普通・・・と
綺麗なままの自転車を不憫に思った。

風邪で調子の悪かった工房のゆうちゃんは、
だいぶよくなったようで、お店にも出られるようになってきたらしい。
会えると思ってなかったから嬉しかった。

ゆうちゃんが、もう一度自転車を引っ張り出したことを喜んでくれて
自転車の空気も入れてくれた。
家にも普通の空気入れならあるけれど、スポーツタイプの自転車は、
普通のママチャリ用の空気入れじゃ入れられないのだ。

ゆうちゃんが、すっごいうれしそうだったのだ。
写真まで撮っていった。
そんなゆうちゃんを見ていたら
今まで自分のところで買っていった自転車、
乗らないで飽きちゃってほってあったの
自分が自転車好きなだけに、あたしの自転車の分まで
心痛めていたんだろうなぁ・・・と感じて
なんか申し訳なく思った。
こういうとこ自己中で気分で動くので人を傷つける、あたしの悪いところだ。
ありがとう、ゆうちゃん。そして、ごめんね。

せっかくだから、その足で、武庫川に乗りに行った。
足の部分を広くするため、座席のバーを3センチくらいあげたら
だいぶ楽に走れた。転びそうで怖いけど。

天気もよいし、気持ちよかった。
まだ少し肌寒いので、軽く防寒めで行ったほうがいいな、と
ちょこっと学習。

気の早い桜が一本、咲いていた。

これからも、こうやって、チョコチョコ乗られるようにがんばろうと思う。


裏口の扉の交換 

防犯上、詳しくは書けないが、大家さんが
裏口の扉をマンション全戸、一斉に交換してくれることになった。

今日工事があり、2時間ほどで終わった。

扉が新品だというだけで、だいぶ雰囲気が変わるものだ。
前の扉はそれはそれで愛着があったので
さよならするときは淋しかった。
裏が黄色に塗ってあって、汚いんだけど、長く目にしていたから。

写真撮っとけばよかったな。

一応、記録しておく。


定休日新設のお知らせ 

4月から、第2日曜日を新たに定休日とさせていただきます。

RIMG0343_convert_20100314234048.jpg
                       (店に貼ったご挨拶のビラ)

RIMG0342_convert_20100314234027.jpg
               (新しい営業時間、定休日のお知らせのビラ)

RIMG0341_convert_20100314233958.jpg
                (10年前ポスカで書いた手書きのビラ)

昔、このビラを、ポスカで書いたときの自分の様子とか
そのとき考えていたこととか、よく覚えているんです。
だから、捨てるのが惜しいです。

ビラ一枚とっても、店の中にあるものには
全部、思い入れと愛着があります。

新しく定休日を一日増やすのは、
連休というものを月に一度いただきたくなったからです。
もともと私は、いろんなものを見たい聞きたい味わいたい、
という欲求の強い方です。
いろいろ私の身体の中に、知識や教養や体験を充電したくなりました。
一人で店の中だけで生きていると、世界が広がらないのです。
そのことに、焦りを感じるようになりました。
そして、自分の世界を広げることによって
太尊も新しい風が吹き込み、生き生きすると思います。

今日、この定休日新設の話をしたときに、
常連さんの、N島さんの旦那さまが、教えてくれました。

「日本で最初に週休二日制を取り入れたのは、松下幸之助なんやって。
社員たちに、「一日休養、一日教養」と言って
自分の中にいろいろなことを蓄積していくのは大切なことや、と。
1960年代の話なんやから、すごいわ、やっぱり」

私はこの話を知らなかったので、感動してしまいました。
N島さん、ありがとうございます。

3月に入ってから、来てくださるお客様に、出来る限り
お声がけをするようにしていますが
しばらく、このことを知らずにご来店くださるお客様に
ご迷惑をおかけするだろうと思うと心苦しいのです。

でも、ご理解いただけるよう、
毎日のお店をがんばろうと思います。

よろしくお願いいたします。



いかなごの釘煮 



常連さんのN島夫妻がお昼に来てくださいました。
そのときいただいた、お手製の「いかなごの釘煮」です。

いかなごの稚魚が瀬戸内海にやってくると
西宮のスーパーでは一斉に一キロいくらでいかなごが並びます。
これを山椒や生姜を入れて、甘辛く佃煮にしたものなのですが、
釘のように形を残し食感も楽しむ、春の味です。
この「いかなごの釘煮」、なかなか上手に炊くのは難しいのです。

お姑さんに教えていただいて、代々伝わっていくのでしょう。
基本の味は決まっているのですが、それぞれの家の味があります。

N島さんの釘煮は、ピンと魚の形が残り、見た目も綺麗な上に
味も最高です。美味しいです。

いかなごの釘煮をいただくと、釘煮をいただいただけでなく
春の到来も一緒に喜んで届けてくださったような
そんな気持ちになります。

N島さん、ありがとうございました。

ご飯にのせて食べましたが山椒が入っていて美味しかったです。
ごちそうさまです^^


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。