スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太尊・通販ページ、リニューアル 

続きを読む

スポンサーサイト

ラッキョウを漬ける 



鳥取で奥様が農業をなさっているNさんご夫婦が、
久しぶりに遊びに来てくれて、
自宅で採れたラッキョウと長芋をお土産にくださった。

旦那さんは優しい人で、多趣味で話が面白く、
奥様は明るくて、働き者で、芯が強くてパワフル。
私はNさんご夫婦が大好きだ。

初めてラッキョウ漬けを作るので、色々教えていただいた。
根と葉を切った、うっすら土がついた新鮮で綺麗なラッキョウ。
以下、教えていただいたことを忘れないために書いておく。



・まず、皮がついたまま「太鼓切り」というのをする。
おしりは浅めに切る。頭のほうはザックリ。
本場では包丁を立ててセットする器具があり、
立てた包丁に平行に通してすごい早さで切っていくそうだ。

・薄皮を剥くのは水を張った桶に入れて、ガシガシと力を入れて洗う。
揉み洗いしているような感じで、何度も水を変える。
そうするとツルツルと皮が剥けて浮いてくる。面白い。

・ザルにあげて熱湯をかける。消毒とあく抜きのため。

・ザルに並べて乾燥させる。乾燥したらラッキョウ酢に漬ける。
市販のラッキョウ酢に昆布と唐辛子を入れて、2週間以上漬けたら食べられる。


私が料理を作っている間に、奥様が太鼓切りをしてくれて、
大量のラッキョウの半分くらいを処理してくださった。
Nさんご夫妻が食事をしている横のテーブルで、おしゃべりをしながら
私も引き継いで太鼓切りをした。
弾けそうな瑞々しいラッキョウを切り、洗い、皮を剥いた。
ピカピカのラッキョウだ。

今、乾燥させている。
明日は早起きして、ラッキョウを漬けようと思う。

上手に漬けられたら、夏のビールの付き出しにさせてもらおう。
餃子が焼けるまでのビールのお供にちょうどいいんじゃないかな。

きっとNさんご夫婦も、お客さんも、ラッキョウも、
みんな喜んでくれるんじゃないかと思う。

Nさん、いつもありがとうございます。


土鍋カレーらーめんが復活します。 



この夏、かつての定番メニューでしたが、都合によりメニュー落ちした
土鍋カレーらーめんが復活します。

作るのに手がかかるので、たまに作って、
「カレーがあるときはインドの猿のお面をカウンターにかけておく」
という、ひそかな裏メニューとして存在しておりました。

野菜と果物をふんだんに使ってじっくり煮込んだ、
ベジポタ風のとろみの強い、土鍋カレーです。
すっぽんの切り身が入っています。
カレーの量が多いので、最後にご飯を入れてカレーライスにもどうぞ。


冷やし麺2種 



今年も冷麺の季節になりました。

6月~9月限定で、冷麺2種、

冷ざるつけ麺と夏野菜だし冷麺です。
(かつての限定、「太尊のだしっ!」の名前をわかりやすくするために変えました)



ホットペッパーグルメのウェブクーポン 

駅などに置いてある、ホットペッパーグルメのweb版というのがありまして、

こちらのサイトのクーポンを印刷してお持ちいただくと、

超すっぽんらーめんの〆の雑炊をサービスさせていただきます。

お気軽にご利用くださいね^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。