スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L'Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル) 

店をやってると、お客さんから、思いも寄らないものを受け取り、
昨日までは想像もしなかったものに触れて、感動することがある。
こんなことがあった。

土曜日の夜、一番最後のお客さんは、
今まで、何年かの間に、何回か来てくれたことがある若い男の子だった。

いつもチャーシュー麺と焼き飯とギョーザ、とか、
夜遅いのに結構たくさん食べてくれるのと、
何でかわからないが印象が強く、たまにしか来なくても、よく覚えていた。
でも、話をしたことはなかった。
その子が、突然、ボソッと話しかけてきたのである。

「トイレに貼ってある、あれ、誰ですか?」

太尊のトイレには、あたしの大好きな宝塚の元星組トップスターである
湖月わたるさんの写真がいっぱい貼ってある。
もう退団して2年になるけど、ラーメン屋をやりながら、
ずっと舞台を観続けてきた。もちろん今も進行形でファンである。

3番手、2番手、星組トップ就任、と、着実に激務をこなし、
いつもエネルギッシュに笑顔で頑張り続けるワタルさんの姿を見て、
こんなに頑張ってる人がいるんだから、あたしも頑張ろー・・と
力をいっぱいもらってきたので、退団後もずっと貼り続けている。

(あ、ワタルさんのこと、カッコいいって思ってくれたのかな?)
と、一瞬期待して、ワタルさんの説明をした。
そうすると、「ボクも好きな人がいるんですよ、ものすごく」・・・と、彼が言うのだ。

なんだ、ワタルさんじゃないのか、と思ったけど、
気を取り直して話を聞くと、
今、L'Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル)のhydeの
ファンクラブの集いに行ってきた帰りなんですよー、と
堰を切ったように、熱いテンションで話し始めた。
会場みんなで撮った集合写真、一瞬だけどしてくれた握手のことも、熱く。

彼の話す様子から、物凄いラルクへの愛情、執着、
想い続けた年月の重み、集いでの感動が伝わってきて
誰かのファンになるっていうのはこういうことなんだよな、と
ワタルさんに燃えた退団の年の自分のイカレたパッションを思い出して
今まで聴いたことのなかった、ラルクの曲を聴いてみたくなった。

もう12,3年、青春全部使って、ファンなんだそうだ。一途だなぁ・・。
もはや、ラルクのファンだということは、彼の重要な一部分なんだろうと思う。
話す前より、話した後のほうが、彼のことを好きになった。

あたしは、20代半ばから、ラーメン作ったりいろいろあって、
世の中の流行に乗る暇もなく、
30代初めまで、浦島太郎のように、スッポリ世間の常識が抜け落ちている。

だから、「L'Arc〜en〜Ciel」を「ラルクアンシエル」と読めるのが精一杯で
「hyde」は「ハイド」と読むんだ、とか、初めて知った。
実は代表曲も満足に知らないっていうか、特徴すら満足にわかってなかった。
なんせ、今まで聴いたことがない。

で、店が終わってから、夜中に自転車こいで、近所のゲオに行き、
彼おススメの「kiss」というベストCDを借りてきて、昨日からずっと聴いている。

幻想的というか、深く考えずに、音に身をゆだねると、
天国にいるみたいな気持ちになる、「こういう感じ」とジャンルに当てはめにくい、
「L'Arc〜en〜Cielの音楽」という言葉がピッタリな感じだ。
綺麗な曲ばかりで、好きになった。
曲から受ける色のイメージは、赤紫から黄緑にかけての猛烈なマーブル。
コップに入れた水をグルグルかき回して、
水に溶いた絵の具を落としたみたいな感じ。
気持ちがいいので、これからも聴こうと思う。


少なくとも、昨日までのあたしは、この彼が教えてくれるまでは
ラルクの曲を自発的に聴くことなど、おそらく一生ありえなかったと思う。

こうやって、世の中にある、たくさんの素敵なものを
小松の外れのこの小さな店で、受け取り続けるのだ。

訪れてくれて、ご縁があって、影響をくれる誰かによって。

毎日同じ日がない。
本当に、店をやっていてよかったなぁと、心から思うのだ。
次いつ来てくれるかわからないけど、
彼が来たら、ラルクの話をしよう。




スポンサーサイト

コメント

出逢いって・・

面白いね~。毎日沢山の人と関わっているとたまに人間嫌いになるような時もあるけど、とっても貴重な時間だったりするんだよね~。
私ももうちょっと大事に人と接してみようと思ったよ。

ラルクw

わたし、ラルク好きよ☆
インディーズ最後のライブ、ライブハウスで観たもん。
こんなに売れるとは思いもせずただただ、ハイドの美しさに見とれたわw
ラルクは、くまりん絶対聴いたことあるってw
今度汚いわたしの声で歌ってあげるよ(爆)
“flower”とか“虹”“good-morning hyde”がおすすめ☆
ラルクアンシェル⇒フランス語で“虹”って意味だよw
ライブでは本当にハイド激しくて格好いいのw
くまりん多分気に入ると思うな(^^ゞ

あ~その場に居合わせたかったなぁ(笑)

人と接する仕事が好き

>ずんちゃん
ずんちゃんもきっと、いろんなお客さんから毎日、
いろんなものを受け取ってるよね。
誰にでも話しかけるわけじゃないんだけど
なんか波長が合うと会話が始まって
お客さんからいろんなことを教えてもらえる。
自分の作ったものを食べてもらえるのももちろん、
それがうれしくて、この仕事続けていく力をもらってるんだろうね。
話しかけないのもサービスだ、と思って黙ってるときもあるけどさ。

>ゆみ
すごいね!
もともと関西のバンドで、こっちでなら
インディーズから応援してますって人も多いんだろうけど、さすがゆみだ!!
hydeきれいだよね。
見た目がきれいなだけじゃなくて、
声もいいし、曲も綺麗で、遅まきながら好きになっちゃった。
CDでもいいけどさ、今度ライブ、you tubeで観てみたいなぁって思ってる。

ラルクの某メンバーさんはウチの兄と親しい間柄でボクも身近に感じてるグループの一つなんです(^^)

突拍子のない出会いからハマっていく...音楽ってそんなものですよね。
たまたま聞いた曲が頭から離れなくて、どんどんその曲や歌手に興味を持って気づけばハマってる、今までよくありました(笑)

世の中って狭いですね

ビーマさんのお兄さん、お友達なんですか?
すごいなぁ、なんか世の中って狭いんですね。

最近、新しい音楽聴く機会って少なくて、
近所のレンタル屋に行くときくらいなんですけど、
レンタル屋でDVD選んでるとき、
店でかかっている曲が、メチャクチャいいなぁって思うときあるんですよ。
何回か耳にしていて、どこかでその歌手の名前を知ると
そこからハマっていっちゃいます。
そして、素敵な曲を聴いて、それを好きになってハマっていくときの
感覚は、何回味わっても気持ちがいいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taison88905.blog95.fc2.com/tb.php/128-6e12bdd3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。