スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬刺し~Nさんの思い出~ 

馬刺し

熊本を旅行中の、古くからのお客さんNさんご夫妻から
旅先から馬刺しを送っていただいた。

Nさんは、8年前に私が一人でお店をするようになった
初めての夏に、一ヶ月、毎日のように来てくださったお客さんだった。
当時私が26歳で、Nさんは30代だったと思う。
昔から穏やかで、礼儀正しくて、働き者で、律儀な方だったけど、
建築現場でのお仕事はとてもきつく、
別のお仕事につくことも考えている、と(今の仕事はちゃんとした上で)
よくおっしゃっていた。あたし自身も、「この人、もったいないなぁ」と思っていた。

特に暑い暑い猛暑だったので、体から湯気を立てながら
エアコンの一番当たるカウンターに座り、ホーッ、と息をついて、
毎日のように、ラーメンを食べてくれて。
暇なときはいろんな話もしたりして、一ヶ月過ごした。

工事の仕事が終わり、今日が最後なんですわ、と挨拶してくれて、
Nさんは来なくなった。
寂しいな、と思ったけどそのまま月日が流れて、
8年経った今年、Nさんが、フラッと来てくれたのだ。

一目見て、すぐにわかった。
8年経って、少しふっくらしたり、年相応の変化はあるけど
Nさんですよね?と確信を持って声をかけた。
名前を覚えていたことを、Nさんは、とても喜んでくれた。

新しい仕事に変わったことや、
結婚して、隣の市に家も建てたことなど、話してくれた。
仕事仲間の人が2人一緒で、その様子から、
そこでしっかり居場所を作り、評価もされているようで、幸せそうに見えた。
今度、嫁さんも連れてきますよ、と言って、日を改めて、本当に連れてきてくれた。
その方がまた、笑顔が太陽のような、正直そうな感じのいい女性で、
私も好きになった。
無理がない人、っていうか、構えがなくて相手を楽な気持ちにしてくれる人だ。

「今度、思い切って休みをとって、
こいつと九州を旅行しようと思うんです。
そのとき、美味しいものを見つけたら、送りますよ。」と
言ってくれましたが、いいんですよ、と遠慮した。
土産に気をとられて、旅行の妨げになってはいけないと思ったから。
でも、今日、馬刺しが届いた。Nさん、ありがとう。

いろんな悩みや夢を聞いた8年前、この人、幸せになるといいなぁ、と
思っていたので、Nさんのその後の人生が幸せなものだったことが
本当にうれしい。


そんなことを思い出しながら、馬刺しを切って、食べた。
今まで食べたことのないくらい、美味しい、特別な馬刺しです。


太尊、続けていてよかったなぁ。(馬刺しをもらったからじゃないぞ)






 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taison88905.blog95.fc2.com/tb.php/24-80c442c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。