スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賭け桃電とVIPらーめん 

今日のお昼、たまに太尊に食べに来てくださるカップルさんが来てくれた。

彼のほうが、「VIPってどんなんですかぁ?」と聞いてくれたので、

「すっぽんの身を3つ、土鍋で炊き込んで、
肝が4匹分と卵が20個くらい入ったスペシャルラーメンですよ~。
でも、超すっぽんらーめんでも十分すっぽん食べられますよ、限定ですし」
とお二人だから負担になってはいけないな、と思って
超すっぽんらーめんを薦めてみた。

そうしたら、「うーん、でもせっかくだしなぁ」
「えーやん、食べやぁ。VIP食べ。しゃーない。賭けに負けたんだから奢るわぁー」
という会話が聞こえてきた。

他にお客さんがいなかったのもあって、
「お客さん、賭けってなんですか?」と聞いてみた。
そうしたら、あまりにも思いもよらない答えで笑ってしまった。

話を聞くと、PS2の「桃太郎電鉄USA」の99年を二人で夏からしていて
ようやく決着がついたのだそうだ。
そして、この勝負に負けたほうがVIP奢る、という約束だったらしいのだ。
だから今日は賞品だから、VIPでないとダメなわけだ。

(桃太郎電鉄を知らない人のために少し解説します。)

桃太郎電鉄(略して桃電)は、
初代発売から20年経つロングセラーのテレビゲームで、
プレイヤーは社長と呼ばれ、日本全国をすごろくにして、
さいころを振って取得金額を競い、旅をしながら、
各駅の物件を買い漁り、会社を発展させていくというゲームである。
キングボンビーと呼ばれる最凶最悪の貧乏神をはじめ、
数々の妨害イベントが、ゲームを盛り上げてくれる。
プレイ期間は1~99年まで選べるが、
99年ともなるとかなり長時間プレイで大変。
単純なんだけど、やるとハマります。

結局VIPの大盛りを注文し、二人で仲良く分けながら食べていた。
彼が優しいのと、彼女が素直なのとで、
すごくいいバランスで楽しそうな二人だった。
今回は彼が勝ったけど、
どっちが勝ってもきっと仲良く食べてるんだろうな、と思った。

それからこの賭けゲームでの話をいろいろ聞かせてもらったが
ものすごく面白かった。
男と女が付き合うなら、くだらないことをどれだけ本気で
一緒にやれるかって大事だと思う。

久しぶりに、いいカップルだなぁ、と思わせてくれるお二人でした。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taison88905.blog95.fc2.com/tb.php/242-c3710f58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。