スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事納め(12月30日) 

なんだか知らない間に年末になっていた、というのが本音だ。

気がついたら12月30日。

自分で決めた2008年最終の営業日になっていた。

昼一番で、パッと飛び込んでくれたのが、新聞屋さんをやっているTさんだ。
いつも気に入ってて買いに行く炭屋さんがあるそうで
私の分も買ってきてくれた。

2008蟷エ12譛・1譌・_RIMG0170_convert_20081231165618

備長炭じゃないから飲食用ではないが、
匂い消しには重宝するそうだ。
Tさんは、昔は新聞屋の経営者をしていて
とてもよく働くし、見識がある。
国際情勢、経済学にも明るく、気も利くし、
もともと持ってるモチベーションが高く、謙虚な人だ。
ずっと新聞に関わるとこうなるのか、と、知識の力、手ごたえを感じる。

今年もお世話になったねぇ、来年もよろしくねぇ、と
どっちかというとお世話になったのはこちらのほうだが
そんな挨拶をして、お帰りになった。
年齢は離れているが、友達だと思える人が居る。
Tさんは、あたしにとってそんな人だ。

妹の友達だったのだが、それをご縁に太尊に来てくださって
それから折に触れて来てくれるようになったのがHさん夫妻だ。
旦那さんのまめぞうさんと、お友達でご近所に実家があるあやちんと
3人で来てくれて、すっぽんらーめんを食べて、みんなで笑いあった。

何より感謝しなくてはいけないことは、
久しぶりに会った友達との楽しい時間を過ごすための場所に選んでくれたということ、
そのことそのものなのだ。
Hさん夫妻は、人と人のつながりの貴重さを
若いけど身にしみてわかっている人たちだ。
その人たちが、大事な友達を連れてきてくれるということの意味。
こういうことに鈍感になりたくはない。

ちょっと店が忙しくなって、
あまりいろいろおしゃべりする時間がなくて残念だった。
本当は、もっと、お茶をしながらいろいろお話したかった。
お土産に、と大好物の神戸のフーケのチョコレートをいただいた。

2008蟷エ12譛・0譌・_RIMG0166_convert_20081231164612

妹夫婦とお正月を過ごすので、
もともと妹のお友達だし、妹と、旦那さんと、私と3人で
美味しくいただこうと思う。

Hさんありがとうございました!

近所の自転車工房のゆうちゃんが、
お母様よっしー手作りのなますを届けてくれた。

2008蟷エ12譛・0譌・_RIMG0167_convert_20081231165430

クリスマスによっしーとゆうちゃんと二人で来てくれたのだが
そのとき話に出たのを覚えていてくれたのだ。
千切りがビックリするくらい細かい。
手芸の器用さと通じるものがあって感動した。

お正月、みんなで食べようと思う。

よっしー、ゆうちゃん、この一年、お世話になりました。ありがとう


おにいさんが来てくれた。
結局店が忙しくて鳥取の話も何もできなかったけど
なんとなく元気で楽しそうだから多分これでいいのだ。
また次に帰ってくるのはいつだろう。
でも、帰ってこないのは元気だってことだから、いいことなのだ。
あたしはあたしでがんばろう。
まぁ、出来ることしか出来ないんだけどね。


N夫妻が来てくれた。
淡路島にお正月休み出かけるのだが、そのことを話したのを覚えていてくれて
道中食べてくださいと、おかきをいただいた。

2008蟷エ12譛・1譌・_RIMG0171_convert_20081231165653

Nさんは昔から物凄く細やかに気が着くタイプで、
それにしても思いもかけないことで、この差し入れには本当に驚いたのだ。

Nさんは、不思議なご縁のある人で
「魔法のレストラン」放映のときに、運命的に太尊に来てしまい
てんてこまいの店を快く手伝ってくれた。
最初に来てくれたのは8年前。
再び来たのは今年。
ご縁がある人は必ずつながるものだ、と
Nさんとのことを思うとしっくり腑に落ちる。


昼も夜も、忙しくして一日終わった。

ラスト3人のお客さんは最高だった。
カップルさんと、古くからたまに来てくれてるテニスのコーチをやってる男性。
カップルさんは楽しそうに美味しそうに食べてくれたし
コーチは久しぶりに食べたらラーメンの味が
クリアになった、と褒めてくれた。

「ラーメンの味がクリアになった」というのは
ラーメン屋にとってすごい褒め言葉だと思っている。
嬉しかった。

いつも疲れきって帰ってくるので、
そのとき身体に入れるものに対しての評価は物凄く正直なものだ。
長く食べてくれている人に、変わったね、と良いほうの評価をいただくことは
物凄く満たされるものだ。

あー、来年もがんばろう。
来年はもっと、美味しいラーメンを作ろう、って素直に思った。


おおきに!とお客さんたちを送り出したあと、
年内最後の片づけをしていたら、
「もう終わり?」とお客さんが。

古馴染みのナカちゃんだ。
ラーメンはもう売り切れだったけど、
サービスで最後の餃子を焼いて持ち帰りの包みを作って渡した。
ビールで乾杯しようや、ということになって
ナカちゃんがビールを奢ってくれた。

基本的に、店でお酒をお客さんに奢ってもらうのは控えている。
次も奢らなくちゃならんかな、と気を回されるのが嫌だから。

でも、素直にありがとういただきます!と言えた。
そして二人で乾杯して、最高のエビスの生を飲み、
2008年最後の店を終わった。


今年一年、楽しかった。
本の新しいページをワクワクしながら繰るようだった。
2009年も、新しく、面白く、いいことがたくさんありますように!!

今年もありがとうございました。

2009年も、太尊をよろしくお願いします。

皆様、よいお年を!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taison88905.blog95.fc2.com/tb.php/244-7c549b73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。