スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「泰南飯店」 

今日は、忙しくもないが切れ目なくお客さんが来てくれた。
調理を焦らず、いいペースで仕事ができるので、
こういう流れの日はとてもやりやすい。

夜、そんなことを思いながら、よっしーのなますを作ろうと
野菜をマッタリと切っていたら、
一人の初老のおじさんが入ってきた。

そして、しょうゆらーめんとギョーザ、
持ち帰りですっぽん雑炊とギョーザを注文してくださった。
ひょんなことから泊まるはずじゃなかったこの街に
急に宿をとったが、食事が出る時間じゃなくて
歩いていたら太尊を見つけて、入ってきたそうだ。

ギョーザが焼きあがって、カウンターの上に乗せたら
ボックス席から立ち上がって取ってくださった。
申し訳ないです、ありがとうございます!とお礼を言うと、
「ボクも飲食店やってるもんですから」と言って。

ギョーザを焼き上げているその間も麺をゆでているから、
カウンターをグルッと回り込んでギョーザをお運びする時間が
調理のロスなのだ、ということを、
店の作りと調理作業の進行具合をひと目で見抜き、
立ち上がって取ってくださったのだ。
そのタイミングのよさと、見る目のあることに、
ちょっとこの人、違うな、と思った。
やっぱり同じような小さな飲食店のオーナーなのかな?と。
気さくなかたで、しゃべっていて楽しかった。
初老のおじさん、と書いたが、実はもう70歳を越えているそうだ。
でもそんな風に見えない元気さだ。男の人の年ってわからない。

いろいろ、取り留めのないことをおしゃべりして、帰り際に、
「ボク、大阪の阿倍野の専門学校で、教えていたことがあるんですよ」と
おっしゃるので、「辻調理師専門学校ですか?昔行きたかったんですよ!」
と私が言うと、嬉しそうに
「これも何かのご縁ですから、名刺を置いていきますね」
と言って、下さった名刺を見ると、東京の神保町に本店を構え、
千葉や神奈川にも支店を出している、
中華料理の大店「泰南飯店」の代表取締役の方だった。

すごーい!と思い、テンションが上がって、
東京に遊びに行ったらお店に食事に行かせてもらいます!なんて
お話したけど、お帰りになったあとで、しまったな、と思った。

せっかくそんな技術も経験も豊富なかたが
太尊のラーメンを食べてくださったのだから、
気になっていることや、教えてもらいたいことを、
質問して聞いてみればよかった、と思ったのだ。
特にチャーシューの炊き方なんか、教えてもらいたかった。
きっと、聞いたら太尊で実行可能なことを、的確に答えてくれたと思うのに。
惜しいことをした。

チャンスを逃す、というのはこういうことを言うんだな。
なんせその場で機転が利かないというか、頭が回らなくって後から気がつく。

東京にいずれ遊びに行く機会があると思うが
そのときには神保町の泰南飯店の中華料理を食べに行こう。

本当に、店をやっていると、次に何が起こるかわからない。
誰が来てくれるかわからない。
毎日明日を楽しみに生きていけるというのは幸せなことだと思う。

今日も何が起こるかわからない。
それが楽しくてしかたない。


スポンサーサイト

コメント

きっとまた会えるょ

縁がある人って言うのは、必ずまた会えるよ♪
だから、その時までぉ楽しみに^^楽しみが増えたじゃない☆
それに東京行ったら、その社長さんのお店に行くんでしょo(^-^)o
くまりんの世界が広がった日だったね♪

ご縁の不思議

普通だったら降りない駅で、たまたまうちの店に入ってくれたんだもんね。
考えてみたら不思議。
でも、そういうことがあるから
生きてるってそれだけで何かを生み出すもんだって
大きな力に感謝するよ。
東京行ったら食べに行ってみようって本気で思ってる。

本当に人のご縁って不思議ですよね~。
確かに、名刺みて驚きますよね、まさかそんな人がこの小松に来てるなんて・・・!
これも、くまりんさんパワーで呼び込んだんだわ!! 
良いも悪いも、自分に等しい人と出会うものと思ってるので、私は日々精進です^^!

出会いは偶然?必然??

いやービックリしました。
思わず辻調理師専門学校を調べて
昔気になっていた通信教育の口座の案内なんかを一生懸命読んでいました。

大学生の頃、辻調理師専門学校の学校説明会に参加したことがあります。
講師の先生の鮮やかな料理の手つき、食材の新鮮さ、ピカピカの設備。
いいなぁ入りたいなぁ、大学よりこっちが良かったよって
本気で思いました。
素直に考えていれば、当時だって、
一番向いてるし興味があったのはきっと料理なんですよ。
両親が私にしてくれたことを思うと、本当に罰当たりですけど。
でも、そんな私が、紆余曲折の末、
今ラーメン屋をしているというのは、
本当に、運命を感じるくらいのものなのです。

だから今の環境にいる自分を幸せに思い、がんばらなければなりません。

はっぴーさんは、いつも、人に誠実に温かく接していると私は感じます。
これからもよろしくお願いします。
また一緒に観劇したり食事をしたり、仲良くしてくださいね。
明日、いよいよ花組千秋楽です。
楽しんできます♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taison88905.blog95.fc2.com/tb.php/287-52597732

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。