スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生経験 

ご町内の一軒一軒をくまなく書き連ねた地図、というものがあるのである。
その地図は大量に刷られて、この小松の家々一軒一軒に配布される。

これは、近所の飲食店がスポンサーになり、
広告を出すことで作られているのだが、今年もその集金がやってきた。
店をやっていると広告を頼まれることがよくある。
太尊の方針として、この小松の町に提供される広告であれば断らない。
それがどんな小さな共同体のものであっても、
なるべく出すようにしている。

あたしはこの町が好きだ。
普段店をやっていて、いちいちこんなことを町の人に言わないけど
ブログだから言えるけど、あたしはこの町が好きだ。
だから、自分が働いたお金で、小松に広告を出すことが好きなのだ。

もうずっと、開店当初からお付き合いしている、ご町内配布用の地図の
去年からの営業のK藤さんは、話がとても面白い人だ。

あたしは苦労自慢の人が好きではない。
でも、このK藤さんは、基本的に誠実な働き者で、
それでいて、サラッと自らの波乱万丈の話を天気の話をするように
面白く聞かせてくれるので好きなのだ。
そして、その話してくれる内容が、役に立つ。内容が濃い。
苦労が生きるというのは、「この人話が面白い!」と
他人に提供できるものがあって、なおかつ好感に換えられることで
初めて生まれるものだと思う。

「昔、解体屋の営業をやってましてね」とK藤さんは言うのだ。

「たとえばこの店を潰すとしたら、いくらくらいかかるんですか?」と聞いてみた。
(太尊やめませんよ(笑)ずっとやっていきますけど例え話です)

「そうですねぇ、内装だけで、天井から壁からのスケルトンにするんでなければ
50万くらいじゃないですか?」

「へぇ、もっとかかると思ってた。じゃぁ、普通の民家だったらどうですか?」

「そうですねぇ、30坪くらいの家で、70万から80万くらいですかねぇ。
道路に面していて、ユンボが直接入れられればそんなもんです。」

他にも、空き巣や詐欺にあっても被害金額が低いと(100万でも安いらしい)
そんな額だと警察は被害届を受理はしてくれるが、捜査はしてくれない、
それだけ案件が多くて忙しいからだ、とか、

米を研ぐ機械はバカにしたものではなくて、
米に傷をつけずにゆっくり米の糠を洗い落とすには
とても重宝するし、炊き上がりの米の味が明らかに違うとか、
(昔、旅館の米炊きのバイトをしたそうだ)

いろいろ、面白い話を30分ほどの間に、教えてくれた。
これも、知ってる話を並べただけじゃなくて、
二人で会話して、転がっていったボールを投げ返してくれただけだ。

K藤さんは50代後半の人だと思う。
あたしもあと20年くらい経って、
話が面白い!と20以上年下の子に思われるようになっていたいものだ。



スポンサーサイト

コメント

間違いなく

くまりんは、ずっとみんなの人気者だょ☆
会話にも、くまりん語録が増えて教科書になったりして(笑)

ありがとー(笑)

そんなことを言ってくれるのはゆみだけだよー。
照れちゃう☆
でもありがと~~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taison88905.blog95.fc2.com/tb.php/296-028d718f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。