スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

招き猫 

2009年02月28日_RIMG0456_convert_20090302001124

これは、2月27日の日記です。

何を思ったのか、愛猫ペケが、店先に立った。

昼の忙しさのピークである、12時から13時が終わった頃、
お客さんのいなくなった客席に座り、ホーッと一息ついていたら、
店の裏で寝ていたペケが、テケテケテケ・・と
あたしと目もあわせず、戸口に立ち、ジーッと外を見ているのだ。

そのまま店には誰も来ず、さぁ、時間になったし、
店じまいしようかな?とのれんを下げたら、
2年くらい前に「望麺会」というラーメンマニアの人たちの忘年会で知り合った
S丸さんという女性が、ピョン、と飛び込んできた。

ペケ、ひょっとして、S丸さんを待ってた?!
S丸さんはとっても猫が好きな人なのだ。

「やっと来れた~~!・・え、もう終わり??」
「そんな、できますよ、ありがとう、来てくださって!」と
久しぶりの再会を喜んだ。

S丸さんは、和服関係のお仕事を幅広くやっていて、
いつも「S丸センス」とでも名づけたくなるような、
S丸さんでしか在り得ない、独自の存在感のオシャレをなさっている。
この日も、柄物のレインブーツをポイントにした、素敵な服を着ていらした。
そもそも、存在自体が個性的な、不思議な人だ。

年に一度、絵馬展を開催していて、
広い人脈からあらゆるジャンルの人に絵馬を作品として出品してもらったり、
自分の作品を販売したりもしている。
和服のデザインや、イラスト描きのほかにも、
実家の関係で、神社の神主の資格もお持ちで、
実際に、えべっさんの時期など、神職として活動しているそうだ。

望麺会で、事前に振り分けられた席にストンと座ってのご縁だ。
そういえば、猫の話ですぐに打ち解けておしゃべりができたのだ。
それから、絵馬展のことをお聞きし、面白そうだと足を運び、
近しい気持ちでお話ができるようになった。
本当に、人のご縁はわからないものだ、と思う。

すっぽんらーめんを食べていただいて、
いろいろな、どこに転がっていくかわからない
面白いお話をたくさん聞かせてくださって、
時間が経つのを忘れるほどだった。

お帰りになるとき、「そうだ、お清め塩いる?」と
車に戻って、神社のお清めで使った塩を、分けてくださった。

2009年03月01日_RIMG0473_convert_20090302000835

今年は、今までやったことないけど、店先に盛り塩を盛ってみようかな?
こうやって、S丸さんがいらっしゃったのも、
偶然ではなく、必然なのかもしれない。

帰りにお見送りしようと外に出たら、
車のサイドミラーがチェッカーフラッグ柄で、
その斬新さと車との絶妙な合い方に、ここでもS丸センスを感じてしまった。

S丸さん、お忙しい中、太尊に車を向けてくださって、ありがとうございました!
楽しかったし、お会いできてよかったです。
また、いらしてくださいね~~!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taison88905.blog95.fc2.com/tb.php/316-72aa9b1e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。