スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじさんとマサくん 

これは19日(日曜日)の日記です。


愛知から、母方のおじさんとその息子であるマサくんが来てくれた。

「あき、今度の日曜日マサと行くでね」と事前に連絡をもらっていた。
仕込みをしていて、最後の買い物を忘れていたことに気づき
慌てて近所のスーパーに自転車を走らせていたら
店に向かっていたおじさんとマサくんにすれ違い「あき!」と呼び止められた。
おじさんが来てくれたときっていつもこんな感じだな。
私は道を歩いたり走ったりしてるとき、あまり周りを見ていないというか
目的のことしか考えてないことが多い。

おじさんと、隣にいたのは、15年以上ぶりに会う従兄弟のマサくんだ。
あのころまだ小学生だったマサくんは、もう25歳の若者だ。
大きくなったなぁって、男の子なんだから当たり前なんだけど
妹と二人で、可愛いかわいいと頭を撫でたあの男の子が、
こんなに大きくなったとは・・・。
人懐こさと、独特の愛嬌がある子で、そういうところは変わらない。

長くなるので別に日記を書いて紹介するが
おみやげをたくさんもらった。
内海ならではの、山に自生している竹の子や、アシタバという身体にいい青菜、
それから、特産のえびせんべいなど、喜ばせようと思ってくれて
いろいろ用意してくれたのがわかる、心がこもったものだった。

店を開けてみたら、けっこう忙しい日で、
バタバタしていて営業中はあまり話ができなかった。
頼んでくれた超すっぽんらーめんの提供がちょっと遅くなって
おなかすいているだろうに、待たせてしまった。
けれど、おじさんとマサくんは気持ちよく待ってくれて、
出来上がった超すっぽんらーめんの、
マサくんは生まれて初めて食べるすっぽんの身を
美味しいと思ってくれたようだ。雑炊まで完食してくれた。

おじさんと、マサくんは、仕事の時間がすれ違いで
二人でこうやって旅行することは、初めてなんだそうだ。
おじさんはちょっと嬉しそうだ。
マサくんは懐っこく笑っている。

店を閉める時間だったので暖簾を下げた。
妹に連絡してあったので、妹が自分の用事をすませて
車を飛ばしてやってきた。
おじさんと、マサくんと会って、妹も嬉しそうだ。
妹がふと立ち上がって、プリン買ってくるわ、と言って、近所の和菓子屋の
私たちの大好物の「お焼きプリン」を買ってきてくれて、
4人でプリンでコーヒーを飲んだ。
夏になったら妹夫婦と私とで、今度は内海に遊びに行かせてね、と
おじさんと約束をした。

日帰りなので、慌しいが、これから甲子園まで歩いて
電車に乗って、西宮のえべっさんまで
マサと行ってくるつもりなんだわ、と言って、
二人は帰っていった。

おじさん、マサくん、遠いところをありがとうございました!

そして、マサくん、大きくなったね。
あとから電話でおじさんが教えてくれたけど
私が楽しそうに働いているでいい、と言ってくれたそうで、ありがとう!
また今度、タカシくんと二人でも、一人でも、お姉ちゃんたちとでも
気軽に遊びにおいでね。
神戸、大阪なら、面白いところがたくさんあるし、
月曜日だったら案内してあげられるよ。

あたしたちが内海に行くほうが先かな?

またね!!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taison88905.blog95.fc2.com/tb.php/381-eb34b3b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。