スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪のおじさん 

これは、14日の日記です。


亡くなった父は4人兄弟だったのだが、
一番下のおじさんは、大阪に住んでもう長い。

あたしがこの場所で店をやっているのを知ってからは
たまにこっちに来たとき寄ってくれるのだ。

昼休み、向かいのカレー屋さんでカレーを食べていたら
「太尊さん、お店に誰か来てるよ?」と教えてくれたので
誰だろうと思って外に出ると、なにやら電話をしているその人は。
亡くなった父にそっくりな立ち姿。

4人の兄弟の中でも、いちばんK彦おじさんは、
お父さんによく似ている。
お父さんを一回り小さくしたような感じで、
ちょっとした仕草が、泣けてくるほど父に似ている。

仕事の後輩のお見舞いに、宝塚まで来たからと、
姪っ子の顔を見に寄ってくれたらしい。

よく来てくれましたとお茶を淹れて、二人で飲みながらたくさん話をした。
K彦おじさんは、気が若くて気さくで、
気ぶっせいなところがなく、話しやすいおじさんだ。
初めて知ったのだが、アウトドア派で渓流釣りが趣味らしい。
パソコンでおじさんがよく行く、奈良県の天川村のサイトを見たり、
孫のわかばちゃんや、飼っている犬のチョコ丸の写メを
うれしそうに見せてくれた。

おじさんと話していると、ちょっとした仕草や表情の作り方、
話し方が似ているときがあって、お父さんが生き返ったみたいな錯覚を覚える。
お父さんが生きているときに、孫の顔を見せてあげたかったな、などと
思ってもしょうがないことを考える。

でもこうやって、姪を気にかけて来てくれるおじさんの気持ち。
父方も母方も、どちらの親戚のおじさんおばさんも、
気持ちをくれる。とてもありがたいことで、感謝している。

これから、みんなで幸せになりたいと思う。

あたしの小さい世界の大事な人たちが
いつまでも幸せで笑っていられますように。

おじさん、ありがとう^^



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taison88905.blog95.fc2.com/tb.php/444-d8875676

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。