スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良~③元興寺、猿沢池、もちいどのセンター街 

道に迷って、「ゲンコウジってどこですか?」と
家の前に立つおじさんに聞いたら
「ゲンコウジ?ガンゴウジならあるけど・・・?」と親切に教えてくれた。

RIMG1200_convert_20090701022830.jpg

苦労してたどりついた、世界遺産・元興寺。ガンゴウジ、と読むのです^^;
蓮の鉢がたくさん並び、もう少しで咲きそうでした。
ピンクのなんともいえない美しい花びらで、咲いたらきっと綺麗だろうな~。

RIMG1205_convert_20090701022908.jpg

さるすべりの樹があった。
はじめて幹を触ったけど、本当に猿がすべりそう!

RIMG1210_convert_20090701022939.jpg

お地蔵様かお墓かはっきりしなかったから写真を撮らなかったけど
一面桔梗が咲いていて綺麗だった。
本当に綺麗。少し離れて咲いていた桔梗をパチリ。

RIMG1218_convert_20090701023015.jpg

猿沢池の周りに、2匹だけ鹿がいた。はぐれ鹿なのかもしれない。
東大寺の鹿のように、えさをねだらず、マイペースに草を食べていた。
ほっといてほしいタイプの性格なのかも。

RIMG1219_convert_20090701023207.jpg

子供のころ住んでいたことがある、福島県郡山市の采女まつりのルーツが、
思いがけずわかって、この偶然に驚きつつ感動。

RIMG1221_convert_20090701023242.jpg

福島県郡山市出身の采女が、帝の寵愛が衰えたのを嘆いて身を投げたのが
この猿沢池。身を投げるときに衣をかけたとされる柳の樹があった。
でも、すっごいチョロッとした柳・・・。

RIMG1225_convert_20090701023312.jpg

おそらく絵葉書になるのはこの位置からの池だと思う。
実際の猿沢池はなんというか、普通の池だった。
柳に流木がいいかんじ。

RIMG1226_convert_20090701023340.jpg

猿沢池名物、柳の下の大量の亀たち。
人影を見ると寄ってきます。いっぱいいます。

RIMG1227_convert_20090701023412.jpg

もちいどのセンター街を横切る石畳の路地に、フラッと入ってみた。

RIMG1231_convert_20090701023450.jpg

「箱屋」という、餅飯の入った小さなお弁当とそうめんのお店で夕食。
覗いていたら店員のお姉さんの巧みで熱心な呼び込みで入ることにした。
熱心なんだけど、強引じゃなくてカラッとしてて、気持ちが良い。
笹に包まれた餅飯にはウニが入っていた。おかずも丁寧で美味しい。
店の人も素朴で親切でいいお店だった。

一日通して、いい人にたくさん出会った。奈良はいいところだ。

しとしとと降る雨の中を歩いて、近鉄奈良駅に戻った。
阪神なんば線ができて来やすくなった奈良。
遺跡や寺が多く、中国大陸の風情があり、大好きな奈良。
これからどんどん遊びに来よう。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taison88905.blog95.fc2.com/tb.php/464-3e046f69

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。