スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厨房の排水工事 



排水の悪かった太尊の厨房。
お客さんにはわからないところの工事だけど
厨房の排水が今まで1箇所だったのを、中間にもう1箇所排水をつけることにした。
というのも、先日つけた、湯釜の排水を直接注ぎ込めるようにしないと
床がビショビショになり、衛生上もよくないことになるからだ。
ついでに、手洗いと製氷機、食器洗浄機の排水も整えてもらう。

固まってるコンクリートを掘る、というのはものすごーく大変なことなのだと知った。
Mさんと二人で、コンクリートに穴を開けるドリルで、
5時間くらいかかってU字溝を入れるための長方形の穴を掘った。
これは本当に本当に大変だった。
養生(ヨウジョウ)というビニールのカバーをかけても、店の中も粉だらけだ。

RIMG1625_convert_20090817212207.jpg

RIMG1626_convert_20090817212247.jpg

Mさんが仕事してるときってマジでかっこいいのです。
普段はダジャレ好きの俺様のおっちゃんなんですが。

RIMG1627_convert_20090817212323.jpg

RIMG1628_convert_20090817212404.jpg
RIMG1629_convert_20090817212440.jpg

橙色のたらいに入れた砂利を、U字溝とコンクリートの隙間に詰め込む。
ちゃんと入れられたか不安。

RIMG1630_convert_20090817212519.jpg
RIMG1632_convert_20090817212635.jpg

グラウチング、という鉄の柵を置いて完成。

RIMG1636_convert_20090817212712.jpg

新しい湯釜の排水の配管をつなぐ。見事です。

RIMG1639_convert_20090817212839.jpg
RIMG1640_convert_20090817212935.jpg

手洗いの配管。
Mさんはいちいち説明しないので
こんなふうになるんだ、と完成して初めて知った。
でも、まかせておけば大丈夫。

コンクリートが足りなくて、日を改めてもう一度コンクリートを塗る必要があるけど
ほぼ完成。水を流してみても、きっちりサクサク流れていくし、
床が乾燥していて、立っているときも快適なのだ。

太尊が改良を重ねてどんどん良くなっていくのが
あたしの喜びだ。

Mさん、ありがとう!!!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taison88905.blog95.fc2.com/tb.php/497-ff4a6133

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。