スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いかなごの釘煮 



常連さんのN島夫妻がお昼に来てくださいました。
そのときいただいた、お手製の「いかなごの釘煮」です。

いかなごの稚魚が瀬戸内海にやってくると
西宮のスーパーでは一斉に一キロいくらでいかなごが並びます。
これを山椒や生姜を入れて、甘辛く佃煮にしたものなのですが、
釘のように形を残し食感も楽しむ、春の味です。
この「いかなごの釘煮」、なかなか上手に炊くのは難しいのです。

お姑さんに教えていただいて、代々伝わっていくのでしょう。
基本の味は決まっているのですが、それぞれの家の味があります。

N島さんの釘煮は、ピンと魚の形が残り、見た目も綺麗な上に
味も最高です。美味しいです。

いかなごの釘煮をいただくと、釘煮をいただいただけでなく
春の到来も一緒に喜んで届けてくださったような
そんな気持ちになります。

N島さん、ありがとうございました。

ご飯にのせて食べましたが山椒が入っていて美味しかったです。
ごちそうさまです^^


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taison88905.blog95.fc2.com/tb.php/597-d5e74ee8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。