スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバメの親 

昨年、つばめが初めて太尊に巣を作ってくれた。

巣を作って、卵を温めて孵して、小さな頭に産毛のある雛たちが
毎日ちょっとずつ大きくなっていくのを見るのが楽しみだった。
1ヶ月くらいで大きくなって、巣立って行った。
私もとても嬉しかったし、近所の人たちもつばめたちを見守っていて
つばめの話で盛り上がったものだ。

今年も、去年の親たちか子供たちがもう一度帰ってきてるのか、
同じように卵を孵して餌を運んで一生懸命子育てをしていた。
去年3羽だったけど、今年は5羽。親鳥たちは大変だ。

ところが、5日くらい前、巣が落ちて雛が全部いなくなっていた。
多分カラスにやられたんだと思う。猫かもしれない。

ここのところ毎朝6時に起きてウォーキングに行くのだが、
出かける前に見上げたら、ちょっと巣がブカブカ浮いてるような気がしたのだ。
8時に帰ってきたら、巣が、ボトッと落ちていた。
雛は1羽もいない。毛が散らばっていたり、そんな形跡もない。
跡形もないのだ。

つばめの親は信じられないのだと思う。

もう5日も経つのに、夫婦で餌をとってきては、
巣のあったテントの内側の鉄骨に摑まり、
首をかしげて不思議そうにいるはずの場所にいない雛たちを探す。
餌を入れてやる口が無いから、しばらくするとまた飛んでいく。
自分の口に餌を咥えたまま・・・。

で、また来る。
また飛んでいく。何度も何度も。

その繰り返しを続けるつばめを見ていると、涙が出てくる。

もう来年は来ないかもしれない。

それでも来年また来てくれたら、
今度は巣の下に補強板と網を張ってやろうと思う。
なんか、責任を感じるよ。

こんなことが起こるなんて、思いもしなかったなぁ・・・。



                 →太尊のホームページへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taison88905.blog95.fc2.com/tb.php/703-ac210b17

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。