スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太尊千秋楽 

早いもので、あっという間に千秋楽だ。

宝塚歌劇が好きなので、12月30日は太尊の「前楽」、
12月31日は「千秋楽」、と心の中で思ってやってきました。

今日が最後だね、よっしゃ、行こう!と朝、
昼一緒に働いてくれるちぃちゃんと気合いを入れあい、
昼、シャッターを開けたら、
待っていてくださったお客様たちで
最後の20食の麺が売り切れた。

3歳のころから成長を見てきたちいちゃんは19歳になった。
小さいころから、顔も性格もあまり変わらない。かわいく育ったものだ。
接客業の家に育ったので、若いけど即戦力だ。
いらっしゃいませ、を満面の笑顔で言ってくれるので、
バタバタの店内の中で、明るい華になってくれた。
あまり細かい指示ができないまま始まったのに、
ちゃんとこちらの意図を汲んで動いてくれた。
ありがとう、最後に一緒に働けて良かったよ^^ちぃちゃん。

お待たせしがちなのに、お客様は皆優しく、
ねぎらいの言葉をかけてくださる方もいる。
どこかの部活でラーメン部、というのがあるらしく、
そのメンバーで来たという若い子たちもいた。
面白そうなので、普段ならもっと、その話を聞きたいところだ。

昼休み、熊本に引っ越したゆっこちゃんが友達と来てくれた。
長いお客さんで、結婚して熊本に転居したのだが、
今までのことを思い出すと、お互い泣けてきた。ありがとう。

墨汁と筆を取り出して、
「ラーメン完売しました。年越しそばあります。」の張り紙を書いた。

IMGP2299_convert_20151231153347.jpg


最後の夜、あと5時間で太尊は営業終了だ。
自分の仕事を終えた美紀ちゃんが来てくれた。
夜はすっぽんの年越しそばと餃子しかない。

年越しそばはこんな感じです。

3458_970843593006450_923908813267313425_n_convert_20160102023210.jpg


太尊のしょうゆのタレは、和風のだしをキッチリとって作ってあるので、
ゴマ油の代わりにみりんを入れると、そばつゆになるのです。

麺がないのと最後なので、スープの持ち帰りがいつもより多い。
時間があれば、もっと作っておけばいいのだろうが、
もう本当に仕込みがカツカツで余裕がなかったし、
今日になるまで持ち帰り需要を思いつきもしなかった。

だが、閉店を発表してからスープの持ち帰りが格段に増え、
通販も伸びたので、スープの需要の手ごたえを得た。
豊橋に帰ってから、本格的に通販の再開を考えるようになった。

20年来の友達、テーラが、年越しそば食べにきたわ~、と来てくれた。

そのあとも、2度目だが、ネタをお持ちというか、面白くて
すぐに仲良くなったお客さんたちが来てくれた。

そのあとくらいから、続々と人が集まってくれて、忙しくなった。

マラソンがご趣味のT田ご夫妻のお鍋会、
3年前のクリスマスに来てくれた
美人で薬剤師の勉強中の大学生の子、
寡黙な感じだが男らしいお兄さんが、記念にとプレゼントをくれたり、
前にも来てくださった恰幅の良い男性のお客さん、
小さい時から知ってるかわいい子たち、
友達のなおさ、でーやん、高井先生、A立さん、
大好きなH本さん、ひろちゃん、ゆかちゃん、そうちゃん、
ゆかちゃん、ねえさん、しげ、しげのお姉さん、カジくんたち・・。

好きな人がいっぱい集まって、
笑ったり、のんびりしたり、おしゃべりしたり、真剣だったりしながら
私が作る年越しそばと餃子を食べてくれて。

それをカウンターの内側から一斉に眺める。
この景色。
もうこれで十分だ、と思った。

10時になった。すっぽんらーめん太尊、営業終了。
何もかもすべて、ありがとうございました。

これから先は、お祭りだ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://taison88905.blog95.fc2.com/tb.php/895-f4619752

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。